DOPE マスター コレクション

line4.jpg



hed1.png

MP3形式ハイクオリティサウンドビットレート192kbps
講義別MP3ファイル  5時間29分
スペシャルボーナスビデオ  時間47分
Summary Check Sheet PDF 151ページ
ライブセミナーMP3  1時間45分
ハイスピードセッションMP3ファイル  7時間32分

kessaipic.png
fullset.png

ダウンロード商品価格(消費税込) ¥25,800-

ecbzns001_004.png

銀行振込でのお申込みLinkIcon

本製品で習得できる重要ポイントの一部を公開

━━━File 1 : 購買意欲の変

  • ほとんどの人々が経験しているのにも関わらず、ネットビジネスやリアルビジネス展開時に気付かないネオフォビアの重要性。
  • ありとあらゆる分野の市場で共通する、消費者の購買意欲変化に纏わる具体例の解説。
  • 商品やサービスの申し込み時の心境の変化や、購入決断する際の参考として取り入れている市場の事実。
  • 知名度の重要なポジションをあるものを利用したケーススタディを意外な結果で説明。
  • 消費者が商品を購入する際に、動く心理を逆手に取り自然な購買を促す為の仕組みと大手電化メーカーでの解説。
  • 食品メーカーでのマーケティングテストで意外な結果が出てしまう。これは他人事ではなく、実際に自分たちの身の回りで起きている実情。
  • 消費者の約80%以上が錯覚を起こし、そして実際に購買行動をしてしまっている状態です。これは悪用厳禁なのでご理解願います。


━━━File 2 : 認知度の重要性

  • ネットビジネスやリアルビジネス問わず、見込み客が収益をもたらしてくれる最終的な購買基準となるものとは。
  • ありとあらゆる世界の具体例を用いて説明。希少価値などは省いたマーケティング仮想を解説。
  • 商品やサービスを選ばなければならない状況下で、今後ビジネス展開するうえで必要不可欠となる市場の選考ポイント。
  • 新規事業で新商品展開の際に、とても邪魔になるある存在があります。これを知らなければ成功は難しい。
  • 提供側の印象の深さで消費者の購買基準が決まる事実。この消費者の購買サイクルが今の現状まで続いている解説を。
  • 世界最大手の自動車メーカーで具体的ケーススタディを説明。これは流通量などは関係しますが、それ以前のある深さが関係する。
  • デザインや機能性だけで消費者は購入基準を決めているのか?俺は大きな間違いで、殆どの方はデザインや機能性だけで決めない事実。

━━━File 3 : 急かす事は厳禁

  • これからどんなジャンルのビジネスでも新規客を集めるにあたって、絶対に守らなければ成功しないある事。
  • 10割近いネットビジネスやリアルビジネス実践者はワンタイムオファーや時間制限により状況が悪化する事を知らない。
  • 意外な商品での仮想例を用いて、通常考えないような納得できるクロージング例を説明。
  • あるマーケティング手法をモデリングしてしまい新参者がわずか数か月で退場してしまう理由。
  • 新参者が知らずに犯してしまうある誤りを説明。これはどうしてもやってしまいがちなので必ず聞く事をお薦めします。
  • 電化量販店での具体例を解説。これは、世界中の殆どの消費者が反応する事で、迫られた状況での判断はほぼ決まっている事実。
  • なぜ2つ商品が存在し、どちらかを選ばないといけない状況で、ある高い商品を多くの人は選ぶのか?これはどんな状況でも起こり得ること。

━━━File 4 : 競合との比較結果

  • 永山自身がマーケティングにおいて最も重要視している技術の説明。
  • ライバルの商品と比較する際にどうしても抵抗を抱いてしまう人への対処法。
  • アメリカの巨大メーカーが行ったマーケティングテスト結果を細かく公開。
  • 自社商品の発展やアイデア増加などなど、数々のメリットをもたらす手法を理由も含めて説明。
  • 知名度が低い提供者が知名度の高い提供者への対策としてのマーケティング手法。そして対策としての表現方法を解説。
  • テキサスでの公開実験で明らかになった事とは?これは世界的に有名な商品での実験で理解しやすいように解説しています。
  • もし、ライバル商品に対抗するマーケティングをする際、商品力が劣る場合がありますが、それに対する策略もあるのです。

━━━File 5 : フィールドを変則的に

  • 幅が広いジャンルで数多くの新参者が諦めていく中、先行者を抜く方法。
  • 専門性の絞り込みでの成功結果を公開。これはありとあらゆるジャンルで実践可能。
  • 個人で小さくても大企業に勝つ方法。これは何も広告資金を増やすなどの話ではありません。
  • 消費者の判断やバイラル効果を利用した、ビジネス成功確率を上げる手法。
  • なぜ、新参者は始める前から諦めてしまうのか?これは競合ライバルにうまく対応したマーケティング手法で、何も対抗する事はありません。
  • ある食品でのケーススタディを解説。これはいかに大手ライバルを避けながら勝つと言う実際起きている現状を説明。
  • 利益分配により安泰したビジネス展開を行う方法。これはリアルビジネス、ネットビジネス関係なく世界中の提供者に共通して当てはまる。

━━━File 6 : 自爆し続けるのは必然

  • 今現在のマーケティングに携わる者が何としても手に入れたい技術を永山は逆に放棄する理由。
  • 日本の有名企業の失態を実例として解説。会社の存続維持が出来るか出来ないかのレベルの説明。
  • 最近特に広がっている間違った習性が、マーケティングに影響し収益性を揺さぶる事実関係。
  • 永山が様々なセミナーの際に必ず用いている小さなメモ用紙の利用方法が明らかに。
  • 凄く重要なことなのにも関わらず、殆どの実践者が軽視している事とは?これはジャンル問わずマーケティングオフィサーや企業のトップに多い過ち。
  • メディアの露出にも影響してしまう事に対して、気付かない大勢の者が自然と興味を示す行為。これは問題視しないといけない実情。
  • 消費者の記憶に残るサービスや商品に付加する事で信頼性向上へと繋がる事を解説。これは大半の実践者が気付かない重要なポジションを占める事。

━━━File 7 : 発信するメッセージを的確に

  • 商品やサービスのプレゼンテーションの際、永山が必ず用いる効果的な方法と理由。
  • 数値的結果や統計グラフを表示し消費者やクライアントへ伝えるよりもよい方法。
  • 個人企業でも、中小企業でも大企業でも共通して通らなければならない事と、その解決法。
  • ビルゲイツとスティーブジョブズとのある関係で明らかにされたメッセージ伝達の説明。
  • どうしてもある状況下に立たされる時が来ます。これは何かしらの商売をしている人全てが対象です。これが出来なければ苦しい状況に立たされます。
  • 消費者が攻撃的になるのに対しての対処法を効果的な戦略として説明。これは具体例を交えながら解説しています。
  • 実際に起きたハプニングを説明。これは匿名での説明ですが、いかに重要なポジションを占めているのかが理解できるかと思います。

━━━File 8 : 時代は変化しながら成長する

  • 世界中の成功し続けている企業の基本原則は殆ど同じで、これは今後も変わる事はない。
  • スプリットテスト等、マーケティングテストの落とし穴は通常の人間は気付かない。
  • 消費者のと信頼関係を築く際、ネットビジネスやリアルビジネスで守らなければならない事。
  • 長期的に利益を出し続けている企業の、最も重要視しているポイントはある教育だった。
  • 世界中のありとあらゆる成功企業、これは日本の何百年と続く伝統的な老舗なども含めます。これらの企業の基本理念は殆ど同じ。
  • 提供者側が、商品やサービスを提供する見込みがある消費者との関係を深める為には、ありとあらゆるテストだけでは十分ではない事実。
  • マーケティングのマインドセットに関する重要事項を解説。これは殆どの企業となる提供者が実際に学ぼうとしている事。

━━━File 9 : 行き過ぎたイノベーション

  • 80%以上が失敗するイノベーションを起こす商品の、原因と理由と市場の動向。
  • 成功する新商品開発のポイントとその理由を説明。消費者の行動に関係する。
  • 1年以内に撤退している商品は、約9割と非常に危険な展開を避けるた為の法則。
  • イノベーションに抵抗する消費者の購買思考をある商品のケーススタディで分析。
  • 市場が認めてくれる商品の多くのがある法則にしたがって展開し商品作成えと移行している現状。これは新参者必見ではないかと考えます。
  • よくあるニッチなジャンルで成功する、と言う理論は間違ってはないですが、ある過ちがあるため、殆どが成功に至らない。
  • 新商品に対する市場に反応は想像以上に厳しい目にさらされる結果になる。これは、どんなジャンルの商品やサービスに対しても言える事。

━━━File 10 : 消費者行動の考察

  • 消費者行動を変える為の膨大なコスト削減の為にも、抑えるべきポイントと方法。
  • 失敗する新商品開発を行う提供者の心理、そして行動分析から学ぶ改善点と動向分析。
  • ある商品から導く消費者心理の把握と、習慣動向を把握すべき理由とその利用方法。
  • プロのマーケティングリーダーでも失敗してしまうあるコストの予想と偏見。そして価値観の相違。
  • イノベーションを起こすようなサービスや商品を提供する側、提供者や開発者は一応消費者の反応を見越すのですが、どうしても見落とすポイントがある。
  • 既存製品に対する消費者の反応は提供者側が想像する反応と大きな違いがある。これは提供者側が一番勘違いしやすい落とし穴。
  • 製品の優良ポイントやライバルとの比較にてクオリティの高さなどで、錯覚してしまい失敗する提供者の現状を打破する為のポイント。

━━━File 11 : 心理を把握すべき

  • 損失によりもたらす消費者の思考を解剖。これを攻略しないとこれから先の商売は成り立たない。
  • プライシングの真実。これは日本未公開の大勢の方々は一生涯知る事が出来ないまま終わってしまいます。
  • アメリカのシカゴから発表。これは意外な消費者の心理が浮き彫りとなったマーケティングテスト結果。
  • プロマーケティングチームによる購買テストで、購買心理での拒絶と受け入れの思考を徹底把握。
  • 世界中のありとあらゆる人々が持ち合わせているある心理状態を利用した特殊マーケティング解説。そしてこれは膨大な利益をもたらす効果。
  • どんな強い購買意欲よりも、ある人間の心理状態に影響し、その購買意欲を打ち消してしまう。この高いハードルをどうすれば?
  • ありとあらゆる商品やサービスに共通する、市場の思惑。そしてこれは、打破する事で自分のビジネスへの影響力は計り知れない。

━━━File 12 : 3つの分析ポイント

  • マーケティングに重要ポジションを占めるトレードオフによる購買心理状況の把握。
  • 新商品開発から市場へ向けて発売する際、提供者側が必ず陥る罠の数々と理由。
  • 優秀な商品や優秀なサービスを作り提供だけでは成り立たない消費者との関係。
  • 今まで当然かのように考えていたあるマーケティング思考が間違いである事実とその理由。
  • どんな商品やサービスに含まれる要素の二律背反により市場は購買選択する事実。そしてこれは世界的事例を交えた解説。
  • ある急激に普及した家庭用品に対して、細かく市場の選択基準を解説。これは自然な人間の行動学から導き、そしてビジネスへと移行。
  • 消費者は新商品の利得部分よりも損失を重要視しているが為に、ある最重要ポイントを大きくカバーしなければならない現実。

━━━File 13 : ブレークスルーの重要性

  • 提供者側と消費者側の間に存在する障壁をクリアしフラットにする為の方法と対策。
  • 不信感を取り払う為、意外な商品からヒントを得たケーススタディを説明。
  • 商品が消費者のニーズに最大限に答える為の秘訣と対策。そして詳しい対処法。
  • 提供者の商品に起こす消費者の抵抗を改善する為の具体的ポイントと方法。
  • 消費者側と提供者側には大きな抵抗と言う壁、約10倍近くが存在するわけですが、これを打ち崩す為の策略の解説。
  • ある商品を事例として解説。これはごく自然な流れで開発された商品ですので何も抵抗なく自分のビジネスへと取り入れる事が可能。
  • 世界中のイノベーション商品の殆どが何かしら消費者の行動を変えなければならない現実。そして、これに対する提供者側の対策とは?

━━━File 14 : イノベーションの仕組み

  • 市場へ送り出す新商品が100%に近い確率で大成功する方法を解説し具体例も説明。
  • 商品が消費者へ受け入れられず、高確率で大失敗する理由とその具体的説明。新参者には最重要。
  • 長年に渡り非常に安定した収益を確保してくれる商品開発と提供の仕方の説明。
  • 長期的な戦略で市場を圧倒するほどの威力を発揮する方法を理由も踏まえて解説。
  • ある世界的人気商品がなぜ売れに売れているのか?の説明と分析。そしてこれはどんなジャンルの新商品にも当てはまる事です。
  • 商品開発の際の、最も適した事例を説明しています。これは有名な商品なだけにすぐ理解しやすい流れで聞く事が出来るでしょう。
  • ビジネスを始めたばかりの提供者にもっとも多い、商品提供の悪い例を具体的に説明。これが原因で殆どの提供者が退場している。

━━━File 15 : 消費者の抵抗

  • 見込み客との関係で世界的なマーケティングリーダーでも口が裂けても断言が出来ない事とは。
  • 新商品を確実に消費者へと理解してもらう為の最もシンプルな秘策と、その理由も説明。
  • 日本のあるメーカーがアメリカで最初に売り出し、そして日本で大ヒットした殆どの人々が知らない経緯。
  • 世界中のありとあらゆる大企業の高額商品でも導入している消費者中心の商品作り。
  • 世界的に有名なメーカーの具体的な戦略や欠陥などなど説明し、イノベーションの重要性、消費者の行動修正に対しての解説しています。
  • 1990年代後半にある2つの電化製品が大幅な路線変更を辿るようになった理由とその訳をわかりやすく解説し、そしてビジネスへと繋げる。
  • 機能性やデザインに大幅な利得部分があるのにも関わらず、なぜ市場は受け入れないのか?これは消費者の行動学に関係し原因も解説。

━━━File 16 : 目を背ける落とし穴

  • どんな成功者でも必ず陥ってしまう罠に似た症状を発症するケースがビジネス全体に広がる危険。
  • 中小企業や個人企業だけの話ではなく、超大企業も100%に近い確率である原因により撤退している事実。
  • マーケティングによりどんな世界的偉人でも過ちを犯してしまい、非常に危険な状態を作り上げてしまう実例。
  • 消費者の動向や技術の進歩、そして市場の調査による数値的結果から齎される悲惨な結果。そして改善法。
  • このビジネス実践者に多くみられる落とし穴に早く気付かないと退場しなければならなくなり修正できないようになる原因と解決策を説明。
  • 9割以上の倒産する会社の主な原因を詳しく説明。そしてこれが原因で倒産した有名なある会社を分析し、そして今後のビジネスへ有効利用。
  • アメリカの巨大メーカーでの歴史的有名な背景、そして、失敗した原因や成功事例の解説などなど、有益となるマーケティング手法。

━━━File 17 : 顧客心理を逆手に取る

  • 世間一般で当たり前とされる正しい人間のある行動は、実は不幸を招く行動だという事実をマーケティングに利用。
  • ニューヨークのマーケティング調査チームが意外な結果を発表。これは日本未公開です。
  • 強引に購買するよう煽ると言うのは危険すぎる販促方法ですが、意外な方法により一目瞭然の結果を出す方法。
  • 購買者に対しシンプルに促すだけで雲泥の結果を齎したケーススタディを公開。そして、消費タイプ詳細を分析。
  • 危険な販促スキルについての解説を具体例を用いながら説明。そしてこれは全てのビジネスへと結びつける事が可能ですので、即実践可能。
  • 世界的に見ても人間の購買心理に繋がる2種類のタイプに分かれ、そしてこれはセールスレターやプレゼンテーションに重要視される。
  • 世間的に見れば正論で賢明かのように見える判断基準に潜む罠。そしてこれを有効活用して販促に関わるマーケティングに活用する。

━━━File 18 : 将来を見越した商品提供

  • 増え続け収益性が良い自己投資ビジネスに関して、最適とも言えるマーケティング手法を公開。
  • あるものを付加する事により、最も的確で最適な商品提供が可能となり、リピーターの躊躇する事が無くなる。
  • 自己投資商品へのバンドリングについて、仮想の具体例として展開わかりやすくし説明。
  • 殆どのマーケターが理解していない商品に付加するものの分類方法とクロスの仕方を説明。
  • 将来の自分の為の投資に纏わるビジネス、自己投資ビジネスについての説明。そして勿論、最善の対策によるマーケティング手法を解説。
  • 消費者が待つ市場へ送り出す商品やサービスには、大きく分けて2種類の別れてしまい、そしてそれぞれに対して提供スタイルも変わってくる。
  • 勿論、消費者側も2種類に分かれる為に、それぞれ提供者側、そして消費者側、お互い絶妙なマッチングにより購買へと繋がる真実。

━━━File 19 : 市場の先行者を逆転する

  • 新参者が入り込むジャンルでの効率の良い市場先行者を逆転する際の手段と準備段階における行動。
  • わずかな投資で有益な収入源を齎してくれる投資法の解説と永山本人の事例説明を公開。
  • 商品の見込み流通量を算出して投資予算をたてるやり方では先が無い理由と改善法。
  • 実例として悪い例としてのマーケターの考え方と指導法を説明と、今度は逆に良い例を具体的に説明。
  • 殆どのマーケティング指導者のコーチングは、ある事柄について大幅に間違った指導をしている現実。そしてこれは殆どの受講者は気付かない。
  • 発想転換により最も効果的な投資での集客が可能となる現状。そして勿論、具体例を永山自身が体験し解説していますのでビジネスへ繋げる事が可能。
  • 先行者をいかに効率よく逆転するかについて実体験を元にした説明をしています。そして世界的に有名なグーグルにも共通する事。

━━━File 20 : 次世代バーチャルワールド

  • 日本でのバーチャルワールドの考え方と、世界各国での考え方との比較での違いがビジネスに影響する。
  • 個人企業や中小企業ではなく、世界各国に支社がある大企業の利用法とその意味の解説。
  • 消費者の脳の錯覚を利用した、現実世界では成しえない仮想空間の利用法とベネフィット。
  • 将来のマーケティングリーダーや企業のトップにとってはとても重宝する存在と見なされる事の解説。
  • 世界各国のバーチャルワールドに対する考え方と、日本の考え方では違う現実と、そしてその原因による効果が齎す収益性が将来へ繋がる。
  • なぜ、世界と比べ日本とブラジルのみがバーチャル、3次元仮想世界から離れ、そしてビジネスチャンスを逃す結果となっているのか?
  • 不可能を可能にし、そして実際のビジネスへとつなげ顧客の満足を向上へと繋げる為のケーススタディを解説しています。

━━━File 21 : ビジネスモデル構築

  • 新しい会社や既存の会社の商品を市場へ投入する際、ある事を把握していなければ存続は難しい。
  • 今現在の日本のネットビジネス現状で普通と思われている事がとても悪いケースとして浮き彫りになる現状の説明。
  • 東南アジアの極めて珍しいビジネス展開が大成功へと進んでいる本当の理由と、社長の考え。
  • ビジネスモデル構築に必要不可欠となる成功プロセスの築き方と、成功事例を詳しく解説。
  • 自分のビジネスモデルから新商品を登場させる時期がカギとなる現状。そしてこれは時期やタイミングにも関係するので具体例をわかりやすく解説。
  • 新参者が最も誤りがちの市場調査の順番。そして、これは世界的に有名な商品を用いて解説し、吸収できるように配慮していますので利用して下さい。
  • ビジネスモデルの構築法で最も理解しやすい順番での解説。そしてこれは東南アジアのある有名な会社で実際に行われた戦略です。

━━━File 22 : トラブルメーカー対処で収益性改善

  • アメリカの実例記録を公開。何かしらの商売をしているならば理解しておかなくてはならない事。
  • 決済サービスの対処例を詳しく説明。そして効率の良いビジネス展開へと結びつける理由。
  • 顧客スクリーニングにより不採算顧客への対応。そして、調査結果の数値による事実を公開。
  • 顧客に対しての判断基準をありとあらゆる成功している企業から算出し、最適な基準を説明。
  • デジタルコンテンツ界で本当にあった実例での対処法を大公開。これは何も珍しいことではなく、必ず訪れる問題ですのでよく聞いて下さい。
  • 30%~40%の消費者が、すでに経験している事とは?これは収益改善、そして倍増する為には、把握しておかなければならない事。
  • 不採算顧客によるバイラル的な報復活動による影響を受けない為の策略。そして、効率的な不採算顧客の利用を説明するが、悪用禁止。



Reviewer:1

「これらを金額的に計算すると私の事業規模でも軽く数千万円、一生という単位で計算するとさらに多くの利益を」


いなだ社会保険労務士事務所
採用コンサルいなだ事務所
社会保険労務士
代表    稲田 行徳
http://www.sr-inada.jp/
http://blog.sr-inada.jp/

福岡で「いなだ社会保険労務士事務所」を経営する社会保険労務士であり、人材採用コンサルタントの稲田代表。 ※著書(企業向け採用面接マニュアル)などなど多数あり。
全国の様々な国立大学やセミナーホールで、講演や企業向けセミナーを実施する度に毎回満員となり、新聞やマスコミからも取り上げられる大人気の実力派カリスマコンサルタント。稲田代表の人気は、コンサルティングフィーが高額にもかかわらず、企業間で彼のアドバイスを巡る奪い合いが起きるほど。今や予約も取れない状況の過熱をみせている。そんな企業の経営を知り尽くし、数多くのクライアントから圧倒的な信頼を得ている異端児的存在の稲田氏は、こんな事を言われています・・・

お世話になっております、いなだ社会保険労務士事務所の稲田です。
このたびは、素晴らしい教材をありがとうございました。

今回、音声を聞きながら何度も「一時停止」をしては、 マインドマップでメモをとりながら聴き進めていきましたが、セミナー講師やコンサル業をしている私にとって今日からでも使えるノウハウを無数に手に入れることができました。

実はちょうどセミナーの構成を見直していた時でしたので このDOPEをベースに「質疑応答」の箇所を大幅に改良することができました。 永山氏のおっしゃるとおり、振り返ってみると記憶に残っている セミナーや会見などはそのルールに従っていましたね。言われてみて初めて気づくことができました。

これは講師側からすると「質疑応答の場」をうまく活用することで大きな効果が期待できそうです。 今後はセミナーなどで意図的に使わせていただきます。 また顧客を購買行動へと導く「あるキラーワード」もすごい。

私がモノを購入するときの頭の中での基準は、 いつもそのキラーワードが判断基準でしたが、 販売側から気づかされたことは少ないです。

つまり、販売側である我々から、見込み客に それを伝えるだけで購買へと導くのは論理的に納得できます。(事実、私はそれを言われたらきっと買います) これも一生の財産となるノウハウでした。

多くの実験データから導き出された「顧客心理」を これほどまでに分かりやすく説明している教材は見当たりません。

そして「心理はこうだ」のように学者的に伝えるだけではなく、 その心理をベースにしたマーケティング手法は実戦的であり、 この音声を聞いてから、 「よし、あれをこう改善しよう」というアイデアが ボロボロと溢れてきています。

これらを金額的に計算すると、私の事業規模でも軽く数千万円に なりますし、一生という単位で計算するとさらに多くの利益を 手にすることができそうです。 私も多くの会社を見てきましたが、 短期的な成功は成功と呼べないんですよね。 大事なことは成功し続けること。 その成功し続けるためのノウハウが詰まっているのが このDOPEだと思います。

将来のためには「自分の脳みそに投資をする」のが 最善の策だと理解している人たちにとって、 このDOPEは非常に価値があるものでしょう。

inadashi.png







































inada.jpg

Reviewer:2

「実践・検証期間の合計7年という時間を
数時間に濃縮されています。」


ネット商人プロ
東京インターネットスパーク
マーケティングスパークシステム
http://www.netshonin.com/
http://tokyo.internetspark.jp
代表    勇川 忠治

東京に「ネット商人プロ」「東京インターネットスパーク」「マーケティングスパークシステム」を経営する勇川代表。※著書(お客が集まる!インターネットの肝としかけ )などなど多数あり。彼の細かく的確な指導が、顧客の利益増加に繋がると噂が広まり、今では全てのクライアントから圧倒的な信頼を得ている。近年では日本初となる、名前の差し込みがホームページ上で可能な、パーソナライズドセールスレターシステムと言う、ダイレクトレスポンスマーケティングに特化した画期的な開発をし、利用者数は膨大に。そんな10年以上日本のインターネットマーケティングに従事し、ダイレクトマーケティング全体を熟知している大御所の勇川氏は、こんな事を言われています・・・

私は、ネット商人ProというDRMのシステムを開発・販売しております勇川といいます。
そして、ネットでビジネスを展開するにあたり、当システムをいかに活用するのか?といコンサルティングも行っております。
今回ご縁ありまして、恥ずかしながら感想を書かせていただきました。けれども私がこうした感想文を書くのは後にも先にもこれが最初で最後になるかもしれません。

ところで、このDOPE の内容は・・・
いまの私のためだけに話してくれたの?というぐらいツボにはまりました。

それぞれビジネスのステージによって気づき方が違うのでしょうが、私にとっては、聞くたびに、応用の仕方がたくさんみつかる、すぐにでも実践したくなるアイデアが湧いてくる、そんな音声です。そして、いつもでも聞けるように、携帯にもデータを入れてあります。

ちょっとした空き時間をみつけては、こういう本物の音声を聞くといいですね。それも特典にある倍速データ音声で聞くと効果抜群です。

普段より早い速度でセミナーなんかの音声を聞くと、自分の潜在能力を開発しながら、かつ潜在意識に永山氏の思考をすり込む効果もアップしますよ。話がそれてしまいましたが、このDOPEは、事例、たとえ話、さらにあなたの気になる裏話なんかも交えて、かなりわかりやすく話されています。

わかりやすいだけにスーと素通りしてしまう危険性はありますが、なんども聞いて本質を吸収。音声は、何度でも聞き返すことができ、声の高さ、イントネーション、話の間からの伝わり方がPDFファイルとは断然ちがいます。

作業をしながらや、なにかの待ち時間にも聞くこともできます。もちろんPDFファイルもついているので、照らし合わせながらじっくり聞くともっと身にしみ込んできます。実践・検証期間の合計7年という時間を数時間に濃縮されています。

永山氏の思考や体験、貴重な時間をかけてきた検証や事例(これらは、ひとりではなかなか時間がかかりすぎてできません。)こういったデータを実にすんなりとインプットできるのです。私自身は、ネットとリアルを分けること事態がナンセンスだと思いますが、ネット起業とか流行っているようですね。内容は、ネットビジネスにももちろん、そしてなんとしってもリアルにも「使えます」。

 「ネオフォビア」というキーワードは初めて聞きました。勉強になりました。実行します。特に私にすぐに役立ったものとしては、

  • 「リスクを少なく、少ない予算で展開できる戦略」
  • 「消費者の購買心理・行動を知る」
  • 「知名度を上げる方法といまのなぜ売れないのか?
  • 「誤ったテクニックの使いどころとの関係」
  • 「競合に勝つための比較の方法」
  • 「マーケティング費用を投資として考えることの大切さ」

あたりです。またコミュニケーション力の大切さにもさらっと触れているところがにくいです。私は、ビジネスを始めて10年以上になりますが、ネットに限らずともいまから起業したい人、そして数年ビジネスを継続している人にも大変貴重な気付きやたくさんのヒントのある音声です。 ごくごく普通に考えて、この商材への投資を回収するにはそんなに日数かからないでしょう。

小手先のテクニックとか、すたれてしまうような情報ではないですが、他人より1日でも早く聞いて刺激を受けることが大事。最初にも書きましたが、私個人は、推薦文や感想文をかける立場ではないかもしれませんが最近たまにセールスレターを見ることが増えてきました。そんなときによくみかけるのが、「出してほしくなかった」とかの感想です。そういう書き方は個人的に好みません。

ほんとに出して欲しくないなら、それを買い占めて自分だけ良い思いをすればいいのですから。よいものは出して広めないといけません。悪いものが売れるという状況を少しでも改善しないといけません。よい商材・商品はしっかりとひろめる義務があるのです。

3年後、5年後という本当のビジネスの視点をもっている方には、このDOPEは、最良のバイブルとなるでしょう。

yukawa.jpg


































DOPEで語られている理論は以下の現実可能にしてきました。

実証1: プロファイリング

d1.jpg総合売上ランキング1位
これはインフォトップと言うデジタルコンテンツ及び教材販売専門のASP最大手での販売売上結果。「プロファイリング」と言う自社教材が総合売上ランキング1位を継続的に獲得。


実証2: アレキサンドリア

d2.jpg総合売上ランキング1位
これも自社教材「アレキサンドリア」が総合売上ランキング1位。10秒間に1つのペースで注文が入った商品です。


実証3: アヴァロン

d3.jpg総合売上ランキング1位
これは、ライブセミナーをまとめた「アヴァロン」と言う商品です。総合売上ランキングで1位獲得。


実証4: バチェラー&プロファイリング

d4.jpg総合売上ランキング1位&2位
これもライブセミナーをまとめた「バチェラー」と言う商品です。総合売上ランキング1位を獲得。ランキングの1位と2位を自社商品が独占しています。続いているプロファイリングの人気は他ASPでも褪せる事がありません。


実証5: ライブセミナー

d5.jpg3時間で2855人参加
これはインターネット上で、ライブマーケティングセミナーを行った時の3時間の累計人数。(実際は9時間行いましたので参加数5000人を越えています。)あまりにも大勢が集中した為、ライブサーバーが3度も落ちる異常事態発生。貴重なノウハウが飛び交いの乱舞状態のまま9時間で終了。


実証6:セキアヒルズセミナー

d6.jpg口コミ16時間で150席完売
これは健康ビジネス市場参入セミナーに関するセールスページでしたが、考えられないハプニングが発生。私がネットで告知前に、口コミで情報が広がってしまい告知前に募集終了と言う信じられない結果。口コミだけで16時間150席完売。結局、募集ページは申込出来ない状態で告知と言う異例の展開。


実証7:健康食品販売参入告知

d7.jpg19時間で785名の申込み殺到
これは、ネットマーケティングでの健康ビジネス市場参入募集ページ。募集ページは1日も経たずに閉鎖。高額にも関わらず、19時間で785名の申込みが殺到し緊急に締め切り。あまりにも多かった為、審査制を導入しスタッフ総出で3週間がかりでの絞り込みを要しました。



【売上げが増えて本当によかった】
をひとりひとりに。





















作成中 今しばらくお待ち下さい作成中 今しばらくお待ち下さい






モバイルQRコード▼
unitag_qrcode_1347530842251.png