TOP of T.Nagayama Millionaire Secrets ~ドン底から金を築き続ける永久不変の珠玉の知識~




はじめに

ナガヤマ タカシ Takashi Nagayama

 私の恥ずかしい過去から2015年現在までの実際のノンフィクション物語。
あなたの人生に少しでも参考になればと思い書きます。

「よっしゃ!こんなド底辺でもいけたのか。
 じゃあオレは絶対いけるからその経緯教えろ下さい!」

 こんな感じで少しでもあなたの励みになればと思い全部お伝えします。でも文才がないもので上手い文は書けませんでした。誤字脱字、文法の違いなどで大変ご迷惑をおかけしますがこんな奴でもやれたのか、みたいなオモシロ話として読んで頂ければ嬉しく思います。





男女20100503s033.jpg




1997年4月~2002年2月


 大学を卒業し両親の大反対を押し切り、ある技術系の会社へ就職。しかし手の指がすべて2倍に腫れあがりどうしようもなく3年で退職。夢を持ち就いた仕事でしたが、わずか3年で諦めてしまう結果になり、自身の不甲斐無さに心底がっかりしました。だから私は、誰かしらに「諦めるな!続けろ!」と言う資格はありません。このように自身が最初に失ってしまったのですから


 それから福岡へ移り住み毎日アルバイト生活をしていました。色んなアルバイトをしました。交通量調査から皿洗い、カラオケや居酒屋、ゲームセンター、引越し。しかしこれではダメだ。自分を甘やかしてるだけだ。ずっと続けるわけにもいかない。最初の仕事を諦めてしまった自分自身に戒めをと考え、当時最強にキツイとウワサされていた佐川急便へ就職を決意。キチガイじみてるでしょ。怖いもの見たさの好奇心が頭から消えず就職するんですから。


 私は、中高6年間野球部で甲子園出場も2回経験していた為、運動神経や体力だけは自信がありました。そして何より佐川急便は給料がよかったのです。当時は金を稼ぐなら「佐川かマグロ漁船か」と言われるほどでした。これは私の世代なら聞いたことある人いるはずです。


 佐川急便と言う会社は本当にビックリするほどきつい会社でしたよ。勿論職種はトラックドライヴァーで想像を絶する、という言葉がピッタリで怖いもの見たさのレヴェルではありませんでした。よく体育会系の職場とか聞きますよね。あんなの赤子の屁みたいなもので佐川は超絶ガチの体育会系です。


 殴り合いの喧嘩なんて挨拶と同じ、怒鳴りあい、パッと見れば人が吹っ飛んでいたり、つばを吐きかけ正座させていたりは普段の日常風景です。コンプライアンス?当時なんじゃそりゃレヴェルです。今は勿論違うでしょう。自分もそういう目に度々あいましたが、戒めとして一心不乱に働きました。


 大型免許も取得し10tトラックドライヴァーで従事しました。おかげで給料はよかったです。精神的な強さも身に付けました。しかし見事に毎月全部使い果たすの繰り返し。近くに中洲や雑餉隈という男の遊び場があったため、休みの日は大枚叩いていました。


 数年が経ち、夏のある日に信じられない事件が。太ももに力が全く入らなくなり踏んばれない。荷物を持とうとはするけど持てないのです。そして度々腰に違和感。たまにピキッとした痛みが鈍い感じで腰に響き続く感覚。当時私は各電化量販店に冷蔵庫や洗濯機を数十台運んだり、車のエンジン数十台を工場に運んだり、比較的結構な力がいる営業4課にいました。扱う荷物はすべて大きくて重い荷物ばかりの営業4課。


 しかしその大きくて重い荷物の冷蔵庫やエンジンどころか、軽い荷物すらもてなくなりました。そしてなんと走ることも出来ない状態。走る=佐川。これが出来なくなったのです。なんだこれは?体がおかしいぞ。なんかおれヤバイ・・・と思い病院へ行き精密検査。


 結果、椎間板ヘルニアと診断されました。帰るとき、頭の中は絶望感しかなかったです。それを知った課長が「おい永山、事務やるか?俺が頼んでやるぞ」と言ってくれましたが、変なプライドが邪魔をする。荷物をもてない男が佐川で事務。納得いきませんでした。


 先が見えなくなり退職を決意。ここでの経験は今でも鮮明に覚えています。一生忘れることは無いです。いい意味でみんなバカでした。そしてビックリするくらいきつい仕事ばかりで1日があっという間に終わる毎日。本当にいい経験をしたと今でも思っています。


 金は一円も残ることは無かったです。高給の佐川で数年働いても一円も残ることはありませんでした。勿論こればかりは自分の責任で佐川も中洲も雑餉隈も悪いわけではありません。

IMG_1384.JPG当時荷物のサイズを測る時のメジャーが奇跡的に残っていた





2002年7月~2003年10月


 絶望感に襲われていた私は、無気力になり実家長崎に帰ってきました。当時付き合っていた彼女と一緒に。彼女との出会いは、佐川で働いていた時に“なぜか歯が無くなり”歯医者へ通っていたのです。そこで歯科衛生士をやってた女と普段でも会うようになり自然と付き合うようになりました。彼女も一緒に長崎へ移り住みました。


 しかし帰ってきたのはいいけど何をしよう。ひたすら考えましたが答えが出ません。なんとなく職安で仕事を探す日が数ヶ月経ちました。失業給付金も終わりに近づいたころには、何でもいいから働こうという気持ちになっていました。そして就職した仕事は介護職です。介護職を選んだ理由?本当にありません。ただ結構な数募集していたから、と言うだけです。


 介護職、というのは当時から結構な数の募集があり、無資格経験無しで募集しているところも多くありました。今では底辺が就く職業ナンバー1としてネット上の色んな掲示板に君臨している職業ですよね。私はそんなこと何も思わず、ただ働かなければという思いで就職しました。そして就職と同時に海の近くのボロアパートを借り彼女と一緒に住み始めました。ただし、介護職ってのは給料が安く、当時手取りで13万円。


 働き始めのころ、正直な感想を言えばビックリするほど楽な仕事だと思いました。ある社会福祉法人のケアハウス(軽費高齢者住宅)のデイサーヴィスの職員として働き始めたのですがなんなんだこれは?と思うほど楽な仕事でした。前職が猛烈にきつい仕事だったのが原因なのか?とも考えました。なぜなら他の職員は毎日「きついきつい」と言い嘆いていたからです。この人たちはこの仕事の何がきついのだろうか?とさっぱり理解できませんでした。どんな仕事の流れなのかを簡潔に説明すると、


・送迎に行く
・風呂の介助
・食事介助
・レクリエイション
・送迎に行く
・掃除をする


 朝は8時半からで17時ぴったり帰れる。実質、16時には終わるけど17時までしゃべって時間をつぶす感じ。自分にとってはホントに天国でした。佐川の時は、帰りは23時~24時まで働き一旦帰り風呂は行って夜中にスグ出勤。トラックの中で寝て朝5時には仕事を始めていました。これと比べたらホントに天国でした。


 現在介護職の方は大変気分は悪いかもわかりませんが私個人の率直な感想を正直に言っているだけですのでご理解を願います。本当に楽な仕事でした。しかし手取り13万円です。やはり相応ですね。こっちの方は相当きつかったです。

  • 当時のボロアパートは家賃4万円。
  • 光熱費で2万5千円。
  • 食費で3万円。
  • 通信費2万円。
  • 雑費1万5千円。


 貯金どころか遊べる金なんて1円も無い状況です。外食も出来ない、洋服も変えない、旅行も行けない、趣味も楽しめない。勿論、貯金もずっとゼロ。アパートはボロいので隙間だらけ。色んな虫が出入りしていてよくヴァッタやカナヴン、ダンゴ虫、たまにカヴトムシやクワガタ。動物系では、ネズミやコウモリもたまに出入りしているオンボロアパートでした。寝てる時に、コウロギやカメムシが顔や足や腕に飛んでくる。掴んで外に投げるが習慣でした。

e1.jpg当時25万キロ走行の5万円ジムニー






2003年11月~2004年4月


 なんとこの時に結婚してしまいました。勢いだけ、若気の至りと言うか何と言うか。よくまあ当時のオレと結婚したなあ、と今でも不思議に思う時があります。貯金無しの手取り13万の超底辺男のオレと結婚。なんか今思えば尊敬すらしてしまいます。しかし結婚したからと言って何かが変わることは何もありませんでした。


 気持ち的に頑張ろう!と思っただけで状況の変化は何も現れません。むしろ、自分も妻も鬱憤がドンドン蓄積され口喧嘩がたまに起きるようになりました。最終的に自分の収入の話になり何も言い返せないで終わるの繰り返しです。男として非常に情けないでしょ。しかし言い返せるわけが無かったのです。


 デイサーヴィスに数年勤務して、ヘルパーの資格や介護福祉士の資格は取ったものの微々たる昇給しか手に入れることは出来ませんでした。共働き、という選択は?と思うでしょ。しかし言えなかったのです。なぜなら、長崎に妻を連れてくるときに自分が言ってしまった言葉「働かなくていいから一緒に来い」撤回も出来なくはなかったのですが、男として情けないじゃないですか。ましてや九州男児です。


 その偏屈なプライドがじゃまして妻が「歯医者で働こうか?」と何度も言ってはくれましたが断り続けました。心底どんだけ助かるかと願ってはいましたがね。そうやって時間だけが過ぎていきましたが、春のある日事件が勃発しました。







2004年5月


 ある春の休日、テレビを観ていて些細なことで言い合いになりました。どんどん互いに鬱憤が溜まっていたので、互いに現状の不満を並べ立てる始末。他人が聞けば呆れかえるレヴェルの些細な痴話です。そして遂に妻が無言で外へ飛び出していったのです。


 追いかけることなんてできません。九州男児の永山が妻を追いかける?そんなこと出来るわけがないのです。しかも私のポンコツ5万円の軽中古車で出て行ったのですから、走って追いつくわけも出来ないでしょう。


 せっかくだからどんな痴話だったのかを説明しましょう。この時、2004年で世間はインターネット普及に期待をしている状況でいずれ各家庭にパソコンが1台、さらに1人一台になると予測している番組でした。そしてそのパソコンを利用し稼いでいる人も出てきている、という内容も。コレを見て私は「あーオレもパソコンあれば稼ぐことが出来るんだけどなあ~」と冗談交じりで言ったのが原因。


妻は
「じゃあパソコン買って稼いでみてよ。パソコン買えないけど。」

私はくやしくて
「パソコンあれば稼げるつってんだよ」

妻は馬鹿にした感じで
「へえーそうなんだ。すごいね。パソコンあれば稼げるんだね~。」

私はムッとして
「うん、今の倍くらい稼げるけどな!」


 と言ってしまい、そんな感じの言い合いが続きました。しまいには「アホ」とは「バカ」という言葉が飛び交い険悪なムードになり、妻が無言で出て行ったという経緯です。そして2時間ほど経過して車の音が。私はその時、不安になってたのであー帰ってきた。よかった。と安心しながらテレビを見続けていました。


 妻がアパートに入ってきたのでパッと見ると何かを両手で抱えているじゃないですか。四角い箱を大事そうに抱えている。何かの電化製品というのは理解できたけど、その何かはわからない。


すると妻が
「はいパソコン。言ったとおり今の2倍稼いで。」


私は口が閉じられず、何も言えず、目は箱を見つめたまま。そう、いきなりパソコンという得体の知れない物体が家にやってきたのです。

fmvnfbrw.jpg当時のFMVノートパソコンって今考えたら超テイスペ・・・






2004年5月~9月


 私は動揺し頭が大混乱。「ど、ど、ど、なんで、ええ、はあ?」値段は23万円とかなりの高額。富士通のFMVとか書いてあったノートパソコンだった。当時最新の高スペックの代物。どうやって買ったのかを聞くと妻の歯科衛生士時代の少ない貯金からだった。こんなたいそうな物を私が使いこなし金を稼ぐにはどうすれば。


 この日の夜、ワクワクの気持ちを抑え冷静になって考えました。まずパソコン自体を使いこなせるようなスキルを身につけることが必須。そしてインターネット回線の契約も必須。まずこの2つをクリアしなければ何も始まらない。


 そこでまずインターネット回線の開通を申込みをしました。当時ヤフーが電化量販店の入り口付近で大々的なキャンペーンをしていましたのでどれのどれがいいかもわからずとりあえずヤフーにしました。まだこの時は、インターネット=ヤフーと思考です。後にすぐわかりましたが、インターネットと言うのはヤフーではないということ。そしてこの時すでに月額使い放題プランというのが出たばかりでしたので、その一番安いプランに申込む。


 続いてパソコンスキルの習得ですが、図書館に行き何冊もパソコン関連の本を借りてきて仕事が終わると一生懸命夜遅くまで勉強。おかげで1ヶ月程度でタイピングは勿論、色んなパソコンスキルを身につけることに成功しました。そして次はインターネット活用スキルの習得ですが、これは自然とネットサーフィンをしていくことで身につけることに成功。この2つをクリアしたことによってかなり自信は付きました。


 しかし、妻に言い放った給料の2倍どころかインターネット接続料金すら稼ぐことは出来ない状態は続きました。そんなある日、高校時代の友人がボロアパートに遊びに来て「株をやりたいんだけど本を見てもさっぱり理解できないからそのパソコン使ってインターネットでわかりやすく説明しているサイト無い?」と言ったので調べてみると、結構わかりやすく説明している個人のホームページがあるのです。友人が「これ印刷してちょうだい」と言うけどプリンターが無い。


 そこで私は考えました。このパソコンを使って稼ぐのだからプリンターは必要だな、と考え当時キャノンで一番安く売っていたモノクロ印刷の小さなプリンターを購入。音は結構うるさいものでしたが、この5000円もしなかったプリンターは大活躍。後日その友人にちょっとしたヴォリュームの冊子を作りプレゼントしました。友人は本当に喜んで感謝感激といった様子。


 まてよ。あれ。これ商売にならないかなあ。儲けることが出来るんじゃないか。そう考えインターネットを活用し色々調べました。

IMG_0455.JPG毎晩夜遅くまで学習







2004年11月


 色々調べているとインターネットを使って冊子を販売している人が少なからずいることを発見しました。当時はもうビックリしました。私と同じように印刷し冊子にして販売している。これだ!これなら元手がかからない。仕入れも経費もあまりかからず儲けを生み出すことが出来る。と確信して早速取り掛かりました。


 まずライバルとなる販売者から購入し、どういった購買システムを組みどうやって郵送するのかの偵察として申込みました。内容は「パソコンカスタマイズ法」というもので今ではとてもじゃないけど考えられない代物。しかし当時は結構売れているみたいで大繁盛している様子。こんなのでも飛ぶように売れるのか。と感心しながら申し込むと何やら提供方法が二つあると気付きました。


 冊子は1980円で、ダウンロードは1480円。え?え?なんで?ちょっとまってちょっとまって・・・今風のそんな感じで当時は意味不明でした。同じ商品がなぜ値段が違う?ダウンロードでどうやって読むんだ。と。ここで知ったのはPDFの存在です。今では当たり前のように常識的に使われていますが、その時は一体何なんだと思いそして凄い!と感動した覚えがあります。


 何せ、印刷することなく、配達することなく、ちょっとした本を販売することが出来るシステムです。凄い便利じゃないか、読む側もスグに読めて、販売側も印刷することなく、配達することなく商品をスグに提供できる。これは使えると確信し自分もこのPDFでの提供を取り入れようと決心しました。








2004年10月


 色々販売の仕組みを調べてみると結構色々あることがわかりました。メール文だけでの商品提供をされている方、ホームページに商品となる文を書き商品としている方、ワードやエクセルで商品を提供されている方、当時は様々でした。私は先ほどのPDFでの販売をすることにしたのです。


 しかし何の商品をPDFにまとめ販売しようか考えました。自分はまだパソコンスキルをやっと覚えたばかりで知識は浅い。売るものなんてあるんだろうか?そこでひらめいたのは、友人にプレゼントした「株入門ノウハウ」をまとめたモノ。そして唯一できそうなのは「デスクトップカスタマイズ方法」この二つを販売しようと考え製作に取り掛かりました。


 1週間くらいでまとめ上げ生まれて初めての商品を作り出しました。無料サーヴァー(ジオシティーズ)でセールスページを作り商品提供はメールにPDFファイルを添付しての提供スタイル。商品代金は980円。お金の受け取りは銀行振込。さて準備は揃ったぞ!いざスタートだ!


 この時すでに2004年11月。パソコンはボロアパートにやって来て4ヶ月経とうとしていた。まだパソコンを使って稼ぎが無い状態です。妻はたまに「どう?いけそう?」と様子を見に来てお茶を置いていく。


 私は心の奥底でいつも思っていました。コイツに満足した生活をさせたい、期待してパソコンを買ってくれたんだからどうにかして恩返ししたい、といつも思っていました。好きな物を買ってあげ、好きなところへ旅行に行かせ、好きな物を食べさせ、綺麗なところで生活をさせたい。いつも思っていました。そして遂に初の・・・








2004年12月


 いつものように介護の仕事を終えた私は家に帰りパソコンを開きました。ヤフーのメールボックスをクリック。今日も売れなかったなー、なんでかな?と思う毎日が何日も続きました。なぜ売れなかったかは、ただ無料サーヴァーを提供しているところでセールスページを作っただけだったからです。しかしこの時はそうは考えず、みんな興味ないのかな、程度に考えていただけでした。


 そして数日経ち、同じように介護の仕事から帰ってきてパソコンを開きました。すると何件かメールが届いているようでクリックし開いてみると1件申し込みのメールが届いていたのです。


 もう嬉しくって嬉しくって飛び上がったり、その場をウロウロして何度もガッツポーズしたり妻に報告して、そして妻を喜んで、二人して大歓喜状態です。ホントに嬉しかったです。


 なんと「デスクトップカスタマイズ方法」のPDFに申込されていたのです。当時申し込みは、私のメールアドレスへ名前と住所を書いて送る、すると私から自動返信機能で振込先等が自動的に送られる仕組みでした。


 私は慌ててATMへ記帳に行きました。しかしまだ入金がありませんでした。その時は「振込み明日かなあ?」くらい思ってルンルン気分で帰り着くと申込者からメール着信があっていました。私は一体なんだろう?感謝のメールかな?なんなんだ?こんな感じで凄く緊張しながらメールを開くと愕然としました。



「今日あなたのデスクトップカスタマイズ方法を申込んだものですが、
 商品代金の980円を最寄の銀行から振り込もうとしたんです。
 でも行員から『そんな振込先存在しません』ってお金付き返されたんですけど。」



 結果から言うと、ボク永山は自動返信文に設定していた自分自身の銀行口座番号を間違って書いていたのです。天国から地獄へ直滑降。汗が一気に噴出し、畳の上を10周ほどウロウロ。妻は目を閉じクスクス半笑い。スグにメールを返そうとするも何も思いつくことが無い。


 私は壁に寄りかかりうなだれていると、半笑いの妻がボソッと。「ねえねえ、500円だけもらえばいいじゃん。サーヴィスとか言えばいいよ。」うなだれていた私は息を吹き返し光が見えたかのように目を輝かせ500円と言う約半額のサーヴィス料金で結構だ、の主旨を伝えるメールを送りました。もちろん訂正した銀行振込情報も一緒に。


 するとスグに返信があり、恐る恐るメールを開くと「了解しましたありがとう」の返信でした。明日再度、銀行に行き振込みするとの事。そして次の日仕事を終えた後に慌ててATMへ記帳。


 なんと!なんと!500円振り込まれていたのです!これが私のパソコンを使って初めて得た収入。500円。苦労の末掴み取った500円。ネットから得た初めての収入500円。金額は関係無しに、ホントに嬉しかった記憶は今でも鮮明に覚えています。








2005年3月


 この頃、妻はほぼ諦めてパートへ行くようになっていました。と言っても月に数万円プラスになるだけで、夫婦二人合わせての収入は月に20万円も無い状態。妻は化粧品も最低限の服も買えない状態で我慢できなかったらしく私も勿論止めることは出来ませんでした。


 ある日、私は休みでテレビを見ていると荷物の配達が。妻が何か嬉しそうに箱を開封していました。私はなんだろう?と思い見てみると化粧品でした。それから数日経ち、その会社からパンフレットが届いていました。妻がまた嬉しそうにその化粧品のパンフレットを読みじっくり見たすえ新しい化粧品を電話で注文していました。


 私はただただ「何このサイクル!」と思い、自分が売っている商品もこんな感じでコンスタントに売れればいいなあ。あれ。できないかな。そう思いスグにネットを使ってこのシステムができないか調べまくりました。そして色々ネットビジネスの事を調べていると何やら使えそうなものを発見したのです。


 当時、インターネットからの何かしらの申込と言うのは今のように申込フォームを提供している会社が数は少なかったですがいくつかありました。今でも利用制限はあるかもわかりませんが、無料でフォーム機能を提供している会社はありますよね。最初はメールでの申込でしたが、私も色々工夫をしましてその無料フォームを使って申し込みしやすいようにはしていました。


 要するに、申込フォームから申し込みがある→自動でお取引詳細メールは送信されるという仕組み。この時は、私も少しばかり上達しておりましたので試供品すなわちフロントエンド商品を自動的に配布するサーヴィスもこの無料の申込フォームを利用して提供をしていました。



 このサイクルをもっと効率的に循環させる仕組みを構築したいとは思っていましたがなかなかアイディアが思いつかず苦しんでいた状況でした。「デスクトップカスタマイズ方法」も月に5個ほどしか売れず「株入門ノウハウ」も月に3個ほどしか売れず月の売上げは5000円程度でした。


 そして色々と調べていくうちに「複数メールを配信できるステップメール」たるツールの存在を知りました。調べてみると2002年にできたばかりでオートビズというサーヴィスのステップメール。私は「なんて便利なツールなんだ!」と感心した覚えがあります。


 自動でどんどんフロントエンド商品請求者に対してモーションを掛けることが出来る。当時、フロント請求者は結構な人数はいました。集客の本を図書館で読み漁りSEO対策から属性の違いでの掲載箇所の選択。あとは無料レポートサイトへの登録を行い集客を実施。


 しかし購買に至らない、何か方法は無いのか、と模索していましたのでこのステップメール機能を利用して、信頼関係を築き、そして信頼関係が築けた瞬間に商品のクロージングを行なえばもしかしたら購入してもらえるかもしれない、と考え思い切って決断。一番安い5000円程度のステップメールコースを契約。


 もう後には引けない。手取り13万の背水の陣。

10.jpg不安すぎて契約前に1時間以上色々聞いた記憶が・・・





2005年6月~2006年2月


 遂に契約しもう戻れません。当時、このようなツールの提供自体少なく私にとっては貴重。月額利用料は当時の私にとって凄く大金です。使い方を全て何度も読み完全に把握。自分自身でテスト登録を繰り返し、設定するメール内容も図書館で様々なマーケティングを調べブランディング関連の本や人を惹きつけるような書き方などを研究に没頭。


 最終的に妻に添削してもらい少しでもわからない箇所があれば指摘そして修正の繰り返し。こうやって人生初のイノヴェイション的なステップメールを用いたマーケティングを実践。せっかく契約したのですから販売商品も増やそうと考え最終的に4つ~5つ販売したのを覚えています。そして奇跡が。


 面白いように注文が入り続けるのです。手取り13万円の私の貯金通帳に金が入り続けるじゃないですか。これは2005年(平成17年)の6月末~7月初旬の記帳写真。


20050611.jpg
※当時の使用していたドゥメインはyumewotsukamu.com

 もうほぼ毎日申し込み。入金が止まらないのです。私は涙が出るほど嬉しかったです。妻は笑顔が耐えない、私も笑顔が耐えない毎日。そして1ヵ月後にプライシング(値段設定)を見直し効率的に商品の販売を実施すると更なる収入に。


20050711.jpg20050811.jpg
※当時の使用していたドゥメインはyumewotsukamu.com

 この後も商品の申し込みと貯金通帳への入金は止まることはありませんでした。更に勢いを増しさらに商品自体もヴァージョンアップを図りプライシングも変更。振込先も申込者に便利で私自身も記帳に行くことなく入金確認できるインターネットバンキング(イーバンク銀行)現楽天銀行を利用。この年の年末年始時にはとんでもない状態へ変貌を遂げました。

20051212.jpg20060111.jpg2006012311.jpg
※当時の使用していたドゥメインはyumewotsukamu.com
※当時旧イーバンク取引ダウンロード画像 当時スキャナを持っていなかった為税務署用A4用紙撮影


 この時は軽く月収150万円を超えており、次第に販売する商品も増え集客数も増えました。数ヵ月後には月収300万円を超えるまでになりました。手取り13万円の介護職員が月収300万円へと成り上がったのです。



 しかし人生甘くはありません。これらは奈落の底への序章に過ぎなかったのです。







2006年4月


 この頃は狂ったようにマーケティングにのめり込み世界中のハイレヴェルなマーケティングの研究に没頭し実践を繰り返していました。そして実践した内容は非常にシンプルで何のカラクリもありません。


 ただただ単純に集客口を増やし、ステップメールに流し、売る。これを複数用意し利益が出る数を増やしただけです。商品に関連したサイトへの広告出稿も複数にし集客も加速。そしてこの頃には情報系ASPがポツポツ出現し始めていて日本発の情報販売ASPのインフォストア、インフォカート、勿論これらのASPにも商品登録。


 アフィリエイトシステムも利用し利益の出所を増やしました。そして失敗を繰り返しながら成功を掴むの繰り返しでますます収入は増え続けいつしか遂に月収500万円へ到達。手取り13万円が月収500万円。ホントに人生不思議なものです。


 しかし人生怖いものでもあります。私は貧乏な生活が嫌でたまらなくネットビジネスをはじめました。詳しく言えば妻との口喧嘩からではありますが、それは勿論私の手取り13万円という底辺な生活が原因です。金を持てば人は贅沢になる生き物です。


 私は毎月増える収入に比例するかのように使い果たしました。すべて残らず使い果たしました。嘘でも何でもありません。すべてスグ無くなりました。人は金を使うのは非常に得意な生き物で、欲望を満たすのは簡単なことなのです。家を買い、高級家具を買い、高級車を数台買い、ハイブランドの洋服を揃え、高級な時計を買い、高級なバックを買う。毎日外食で毎日数十万払い飲み歩き。浪費生活の始まりです。


 休日は買い物三昧。毎日何かしらを通販で買う、毎日届く。有給が長期取れるとわかれば、ニューヨーク、イタリア、ロンドン、フランス、ハワイ、東南アジアへ。今までの鬱憤を全てはらすかのように浪費し続ける。全部残らず浪費し続ける。金を使うことしか頭にありませんでした。夜の街で大枚払い続けることしか頭にありませんでした。そして無くなればさらに贅沢をしたいと考えネットビジネスで更に頑張るの繰り返し。稼いではすべて使うの繰り返し。気分は最高。しかし毎月ゼロになるまで使い続ける生活。


 ある月は200万円しか稼がなかったから200万円使う。ある月は400万円稼いだから400万円使う。使うのは簡単でした。本当に簡単でした。ただ金が全然残りません。嘘でもなんでもなく本当に全部使い果たしました。


 今月はもうこの高級品を買えない、持ち金で足りないと思えばローンを組みました。エスカレートしローンを組んでまで買い続けるに発展。浪費癖が完全に身に付いてしまいもうやめられない状態です。夢にも思わなかった最悪な状況です。月に数百万も稼ぎながら終いには金がまったく無いのですから。







2006年7月


 キチガイじみた浪費はやむことはありませんでした。そしてこの頃にはゴルフを始め暇な時に打ちっぱなしへ通うようになりました。私には姉(中学英語教員)がいて姉から少しは体を動かせとすすめられたのがきっかけです。何回か打ちっぱなしに通ううちに姉の知り合いが登場。


 外人。ガイジン。ちょっと太った日焼けで黒くスキンヘッドのジェイソンステイサム似。名前はマイクで年齢は47らしい。おいおい、オレ英語話せないけどと思うもこのマイクというガイジンは日本語話せると判明。姉にこの人は仕事何やってるんだ?と聞くとクスクス笑う。自分で聞け、と言われ


 「仕事何やってますか?」と聞くと「仕事してない。毎日遊んでいる。」あっコイツあほだわ。日本語わかってねえし。と思い、姉に聞くと本当に仕事してないとしか聞いてないよと返ってきた。はあ?なんなんだこの奇妙なガイジンは。


 帰りに飯喰って帰ることになり姉とそのガイジンと私で近くのレストランへ行くことに。レストランの中で私たち3人はゴルフの話をしていました。私はゴルフを始めたばかりでしたので体のあちこちが痛みつらい事なんかも話していました。そのうち姉が用事で帰る事に。おいおい、オレはこの正体不明のガイジンと二人っきりで話をするのか?と不安ながらもコイツの仕事を聞き出そうと企みました。


私は率直に聞きました。
「マイク、本当は何の仕事してるんですか?」


マイクは
「本当に仕事してない。ヴァケイションが仕事さ。」


私は馬鹿にされているのか、と少し気分が悪くなり次の質問へ。
「生活費はどうしてるの?どこにすんでるの?」この質問から確信を得られると考え質問してみました。


するとマイクが
「生活費はあるしオーシャンヴューのホテルに住んでいる。」


 私の頭の中は巨大なクエスチョンマークが現れました。仕事はしてない。生活費はある。ホテルに住んでいる。意味はさっぱり理解できませんでした。無職の生活保護かなと思いました。するとマイクが私に質問してきました。「AKEMIから聞いたけど君は収入がいいみたいだね。」


 姉の明美はこの変なガイジンに自分の収入のことを言ってたらしい。私は気分がよかったです。だから収入源のネットビジネスのことを誇らしげにわかりやすく説明しました。なんならマイク、無職のおまえを通訳として雇ってやるみたいな勢いで話し始めました。マイクも興味深そうに聞いていて、凄い!という発言も度々出てきて本当に私は有頂天。


 それもそのはず、月に300万円も500万円も稼いでいる男にビックリしない訳が無い。私は気分が良く、無職で意味不明なこのガイジンおっさんを雇おうかな、と思ってきました。そういう会話をするうちに、マイクが用事で帰る事になりお互い駐車場へ。マイクは呼んだタクシーを待っていましたので私は買ったばかりのベンツのゲレンデヴァーゲンを自慢げに紹介していました。


するとマイクは
「わお!TAKASHI、資産はどのくらいもってるんだ?」


 え?資産?何言ってんだこいつ?意味がさっぱり理解できませんでした。資産ってなんなんだ?テレビで聞いたことあるけどよくわからない。だから私はレストランで言ったネットビジネスの月収を再度言うと、


「ノーノー、資産はどのくらいなんだ?」


私は考え込んでいると、マイクは言いました。
「OKOK、じゃあポケットマネーはいくらなんだ?」


 なんだこのガイジンは資産とポケットマネーを勘違いしていたのか、ポケットマネーを聞きたかったのか。と思い、私はポケットマネーは今月あと150万ほどあり貯金自体は無い、そもそも貯金はしないでこの150万も使い切りたいんだ、しかし稼ぎはいいから問題ないことを伝えました。


マイクから笑顔が消え
「資産も無く、ポケットマネーのみで仕事の稼ぎだけ?」


と言い、ちょうどタクシーが来てマイクは帰っていきました。私の気分は少し曇った感じになるもその日はそれで終わりました。







2006年8月


 このまま生活を続けるのはいい事かもしれないけど、何か効率が悪い気がする。気のせいだろうか、いや通常のことで皆同じように生活しているんだ。真っ青な空を見上げながら考えるようになっていました。何か非効率的ではないか、というのが引っ掛かっていたのは確かです。


 ネットビジネス自体は非常に効率的な利益をコンスタントに出し続けてはいました。稼いで使うという常識的サイクルは当たり前のこととも思ってはいました。ある日曜日、姉から電話があり「マイクがランチ食べようって言ってるけど行こー。」あーあの無職でハゲのガイジンかー。私は仕方が無いなあ、みたいな感じで渋々了承。


 海が見渡せるレストランに3人。他愛もない会話が続き、後から姉の旦那が合流。1時間ほどして姉夫婦は買い物に行くとの事。私とマイク、2人だけの会話がスタート。私はこの前の会話が腑に落ちなかったので気になってスグにこの前の会話の続きをすることに。


 そして今やっているネットビジネスのことを話し始め「ネットビジネスで稼いで使うの繰り返し。おかしいですか?」シンプルな質問です。返ってくる答えは大概予測できていました。おかしくない、と必ず返ってくるはず。そして自分は間違ってない、と正当化する予定でした。



しかしマイクは
「おかしいね。特にタカシ凄くおかしい。」


私はなんで?みたいな感じになり反論。
「なぜおかしいですか?ここのスタッフも稼いで生活してるはずです。」


 当たり前のことをマイクに言いましたが、おかしいの一点張り。私は何も偏屈なことは言ってなく、ごくごく当たり前のことを言っただけです。働く→生活する何がおかしいかさっぱり理解できませんでした。


そして少しキレ気味に更に質問。
「ではマイクは働いて生活していないのですか?無職ですか?」



するとマイクは笑みを浮かべながら
「働かないでも生活は出来るよ。誰が働かないと生活できないと決めたの。」


 私は逆質問は無いわーと頭の中はちょっとしたパニック状態で何も言えませんでした。そして聞かれた「誰が決めたのか」を考えれば考えるほどちょっと笑ってしまい答えました。
「誰が決めたと言われても、日本では三大義務の『勤労』ってありますから。」


 と、なぜか当たり前のことを自信なさげにしか言えませんでした。そして、ずっと疑問に思っていたことをマイクに質問。
「あなたは一体どうやって生活しているんですか?もう教えてください!」



 マイクは遂に自分のことを淡々と語りはじめました。今現在の収入源も総資産も桁違いで唖然。毎日一流企業の役員年俸ほど勝手に懐へ入ってきているこのハゲおっさんの話はレヴェルが高次元過ぎました。そして非常にシンプルで無駄の無い法則でした。


 そうなった経緯も全部聞き、私は今まで当たり前と思っていた概念がすべて消え去りました。昼の13時から始まったマイクとの会話は、気付けば夜の20時を過ぎています。長崎港が見渡せるこのレストランからの夜景はすごく綺麗で豪華客船も停泊しているのも見えました。


 そしてこの日は私の人生の分岐点ともなりました。しかし一つだけ不思議に思ったことが。
「なぜ私に普通の凡人は知る由も無いこんなとんでもない話を私にしたのですか。」


するとマイクが嬉しそうに。
「アケミにずっと書道を教えてもらってるだ。サーヴィスだよ。」


 姉は書道家で師範だったことを想い出し、姉ちゃんありがとうと心底思いました。家に帰り、私は今までの行為を猛反省すると同時に興奮していました。稼いで使う。ごく一般的に考えれば当たり前のことです。しかし金に縁がある博識な億万長者は、この定義すら考えもしない。


 常識を覆す思考の数々。そして考えもしない数多くの法則の実行。凡人と億万長者の圧倒的な差を深く考えさせられた1日でした。







2006年10月


 真夏が終わり秋に差し掛かる頃、暇さえあればマイクと話をするようになっていました。そして何か少しでも疑問に思うことや凡人は知る由も無い、お金に縁がある億万長者しか知らない各段階の過程での障害に対する処置の方法等々、すべて聞き続けました。


 勿論全て精神論でなく、実際に有り余る金を呼び込むための実践的な手法ばかりです。こうするとこのように物質的に金が入り続ける仕組みばかりです。物理学と全く同じで妄想でもなんでもない実際に金が増え続ける仕組みです。正直に言えば、最初マイクが話し始めた時と言うのは半信半疑でした。


 しかし、よく考えると全てが理にかなっている方法であって何も物理的におかしな話ではなく、どうやって疑えばいいのかできないくらい実践的な手法だったのです。この時点ではっきりわかったことはただ一つ。永遠に億万長者と金に縁が無い凡人は縮まらないと。


 なぜなら、億万長者が知ってる事を金に縁が無い凡人は1人も知らないからです。本当にシンプルな仕組みです。知っている知っていないとでまさに天と地の差です。私は運がよかったと痛感しています。もしこの時にマイクと話す機会が無ければ今のままだったと思います。よくいるネット上だけの男だったと思います。


 稼いで何か買って見せびらかすの繰り返しをずっと続けていた自信はあります。今現在も結構な数いますよね。必然的に消えていくのがセオリーみたいなものです。私もそうなっていたでしょう。しかし私はこの時、幸運にもマイクと出会い凡人は生涯知ることの無い数々の実質的に金を増やし続けるいくつもの方法を脳に刷り込まれました。


 少しも複雑ではなく非常にシンプルな工夫の数々。しかし一つ一つが非常に深く、巧妙で絶大な効果を呼び起こす手法の数々。そして実行を決断。私の場合はスグに効果が現れ、金が雪だるま式に大きくなっていきました。しかし私は不思議に驚くことは無かったのです。


 なぜなら、凡人は知る由も無い、お金に縁がある億万長者しか知らない現実的に有り余る金を呼び込むための誰もが実践できる手法をただただ淡々と行なっただけ、なのですから金が増えて当然なのです。







2007年1月


 この頃になると私が行なっているネットビジネス自体、この数々の法則を利用し加速させていくことになります。そしてこの時期にまた新たな情報ASPとしてインフォトップが創業開始。それに合わせるかのように私はまた新しい商品を発売しました。


 この商品は「プロファイリング」と言い、今まで私がネットビジネスをやってきたことを詳しく説明した商品です。主にステップメールを中心に活用したネットビジネス教材。そう、日本発のステップメールを取り入れたマーケティング教材です。まさにイノヴェイション商品。


 このイノヴェイティブルな商品は本当に黙っているだけで売れました。すべての情報ASPで販売しアフィリエイターへの協力無しに口コミだけで結構な数を売り上げました。そのうち当時のインフォトップの売上げ画像が残っておりましたのでご覧下さい。大体ですが、一つのASPだけで毎月200万円~1100万円の売上げ。

goa12.png
uriage1.png

 当時のランキング画像と売上げ画像です。この状態がずっと続きました。周りはいわゆる今の古株で、有名どころばかりでした。なぜこのように突出することが出来たのかは、販売した「プロファイリング」の中身が非常に優秀で現実的、効率的で理にかなっている内容だから、という理由も言えます。


 今でも同じですよね。優秀な商品は口コミが自然派生し勝手にバンバン売れていくものです。強引な手法は使わずともユーザーが利用し優秀であれば回りに伝えたくなるからです。そしてこのプロファイリングの手法は後に広がり数々のステップメールマーケティング類似商品が輩出されました。


 しかし売れ続けた一番の原因は、マイクから数々の法則を教えてもらい、そしてその誰も知る由も無い数々の法則をネットビジネスにも利用したから他ありません。徹底的に指導を受け実践に取り入れ金が雪だるま式に増え続ける数々の法則です。



 売上げは勿論、私の懐へドンドン金が流れる一方。そしてこの頃、飲食店を開業しその店からの収入も勿論増え続ける一方となります。これも数々のアドヴァイスを聞き入れしっかり進めていった結果です。現在は2店舗経営し毎日大繁盛の飲食店となっております。


 そして健康食品販売会社の設立もこの時期に。顧客も増え続け毎月結構な売上げを上げるまでに成長。勿論この成功もマイクから数々の法則をビジネスに応用し溢れる利益を出すことになるのです。もう一度言います。



 凡人は知る由も無い、お金に縁がある億万長者しか知らない、現実的に有り余る金を呼び込むための誰もが実践可能な手法を行なっただけなのです。本当にシンプルな仕組み。非常に強力な数々の法則をただただ実践しただけなのです。








2007年8月


 プロファイリングの発売から約半年後。結構な数が売れ続け、自然と応援してくれる顧客が多くなりました。また新しい商品を販売してくれ、と多くの方から声を頂くまでになりました。そして期待に応え、新商品「アレキサンドリア」と言うダイレクト・レスポンス・マーケティングに特化した教材を販売。


 最初の予約の時点で数百件の注文があり、発売開始した時にはサーバ自体が何度も落ちるほど申込者が殺到。大体12秒ほどに一件の割合で申し込みがあり、この商品も大人気となりました。私の影響でダイレクトレスポンスマーケティングをビジネスに取り入れ多大な財産を気付けた方を多く輩出したのも非常に嬉しかったです。


12barin.png


 これは一部のASPインフォトップだけのランキング画像です。2位には前作のプロファイリングがまだ売れ続けて2位にランクインしていますね。勿論、この時も広告無しのアフィリエイター協力無しです。今では考えられないでしょ。たったひとりで予約の段階で数百件の申し込みを取り、発売した瞬間に数千件の申し込みを取る。信じられないでしょうけど本当にたった1人でやりました。


 しかしこの時点で問題が起こります。私は当時、少しばかり知名度があがってしまい困ったことになりました。極力、目立たずに実行していたのですがこればかりは避けることが出来ませんでした。当時私はまだ介護の仕事に従事しておりました。この時は手取りが14万ほどに昇給しておりました。


 利用者が毎日行なうレクリエイションをすべて担当するまでになっていました。高齢の方と話すのも非常に人生の勉強となり、この仕事自体好きでした。しかし問題が起こりました。ネットで調べたのかわかりませんが職員の誰かが私を特定し、ネットビジネスを行なっていると施設長へ報告したのです。


 そして退職処分となりました。私は憤りを抑えながら自分に言い聞かせました。「大丈夫。マイクから教わった数々の法則があるから問題ない。」実際、何も問題ありませんでした。むしろネットビジネスや飲食店経営、健康食品販売に従事する時間が一気に増え勿論収入も加速。更に雪だるま式に金が増え続けました。


 すべてはあのハゲおっさん、億万長者マイクから凡人は知る由も無い、お金に縁がある億万長者しか知らない、現実的に有り余る金を呼び込むための誰もが実践可能な手法を伝授されたからです。他に言いようがありません。絶大な力を持つこの数々の法則は生涯の宝物にすると誓いました。









2008年3月


 この頃になると様々な方に対しサポートサーヴィスを行い毎日平均で80件~100件の対応をしておりました。もう様々な分野の仕事をされている方々から相談や質問を頂き毎日が充実していました。そして人生初のライヴセミナーを実施。セミナー依頼はそれまで数え切れないほど要望はあっておりましたが私が住んでいるところが日本の最西端である為、機会を見計らってはいました。


 全国をまわるとなると、足や時間がネックとなり一回で全国の人を対象にできないかと考えていました。そしてネットで色々調べてみると2006年創業のスティッカムというライヴ配信サイトを知り活用することになりました。今ではいくつかライヴ配信サイトがありますが当時カメラとマイクがあれば手軽に配信できるこのサイトは私の都合にぴったり。日本の最西端にいながら一回のセミナーで全国の方々へ配信できる、私は勿論、受講側の方々も家で話を聴くことができると喜びの声が非常に多く届きました。

6.21rank.png

 これはスティッカムのライヴ配信ランキングです。なんの広告も打たず集客も行なわず大体一回当たりのセミナーで平均3000人無いくらいの方が受講されました。数回やりましたので累計2万人を超えております。参加費は無料で行ないました。そして、都合によりその日にこのライヴ中継自体に参加できなかった方もしくは復習として再度ライヴセミナーを聴きなおしたい方の為にライヴセミナー動画を販売。

barinki.png



 またダヴルランクインしてしまいました。そしてなんと購入者の大半がその時無料で受講された方ばかりで復習の為にお金を払い購入されたことが後からわかりました。勿論、広告も一切打たずアフィリエイト協力も行なっておりません。これは2回目に行なった時にまとめた動画を販売したものです。



goa10.png


 これで発売した4商品全てが総合ランキング1位になりました。勢いは止まりません。私はセミナー自体無料で行ないましたが、このような現象が起きて結局はお金が私の懐を膨らませることになりました。これも勿論、すべてはマイクから教わった数々の法則に沿って実践しただけなのです。空想でもなんでもないことはおわかりいただけるでしょう。ただし普通の方、ネット上の多くの方々金に縁が無い大勢の方はこの数々の誰も知らない法則を知る由もありません。









2009年10月


 この頃になると、個人企業主は勿論、各企業や各教育機関、たまにミュージシャン、よくテレヴィに出る芸能事務所の方からコンサルティング依頼が来るようになりコンサルティング部門を設立。数名スタッフも雇い、日々コンサルティングに従事しておりました。


 そして、心を新たにし世界中のハイレヴェルなマーケティングスキルに絞った「DOPE」を発売。この教材から決済システムを独自に導入し数多くの方々から支持されました。この方針も勿論数々の法則に忠実に従い行いますます雪だるま式に金が増えていきました。この教材の申込者にはネット上で有名な起業家、出版されている方々も数多くいて、自身のネットビジネスに応用して頂き大変嬉しく思いました。


 それから、マーケティングの研究に飽き足らず世界各国のマーケティング手法を調べつくす日々を過ごしました。そして、各マーケティングジャンルを絞った教材を複数発売。勿論、どの教材も発売した瞬間に申し込みが殺到。あるマーケティング教材はわずか7秒で締め切った教材もあるほど絶大な人気を誇りました。これらの教材の数々は、現在2015年でも販売を続けており今でも毎日売れ続けています。


 この時もマイクとのやり取りは継続して行なっておりました。マイクはこの時イタリアからアメリカへ戻っており、電話やメールでのやり取りを行なっていました。私はこの時、一つだけ心残りあることだけ気になっていました。どうしても気になることがありました。


 なぜならそれがどうしても効率よくうまくいなかったのです。効率がいい金の増やし方とは言い難かったからです。いや、私はこのままでもいいじゃないかな?程度で考えてはいましたが、要領が悪いのかわかりませんが完全燃焼できていなかったのです。あることがどうしてもうまくできずどうしようかと悩んでいたのです。


 いつかこの事は将来に響くのではないかと少し不安だったのです。毎日毎日そのことについて調べまくりました。しかし解決できませんでした。そして私は先が見えない長いトンネルに入っていきました。








2010年5月


 あれでもない、これでもない。どうしよう。毎日毎日考えてしまい、自暴自棄に陥っていました。もうどうしようかと。金全部捨てようかとも考えました。マイクにどうすればいいかを何度も何度も聞こうかと迷いましたが既にどうすればいいかも最初に聞いているのに何を聞けばいいんだと。


 そう、そのことについてどうすればいいかを既に教えられているにも拘らずどうすればいいかわからない、という意味不明な症状です。高次元な問題でもなんでもなく本当は必然的に解決できる問題なのです。意味がさっぱりわかりませんよね。その問題と言うのはあることについての信頼できる専門家との出会いがなかなか出来ずにいたと言うことです。


 ネット上の専門家なんかも考えてみましたが、私のクライアントが数千万単位で持ち逃げされたことを聞くととんでもないと考え、私は本当に信頼できる、心から信頼できる専門家を日々探し続けました。この時既に私は魚釣りをやっていたので休みの日は気晴らしに色々な釣り場に行っていました。


 少しでも気晴らしに、と思い暇さえあれば行っていました。もうあちこちの釣り場に行っていましたので釣り仲間は自然と多く出来ていました。



そしてある1人の男性とえらく意気投合し休みの日は一緒に釣りをする仲になりました。釣りバカ日誌のスーさんくらいでかなりのオッサン。年齢は私とは離れてはいましたがすごく色々と釣りのことを教えてもらい非常に面白い。釣りって年齢関係ないんです。



IMG_0860.JPG



 この方で名前は大西さん。この時はゴールデンウィークに熊本の天草に釣りで遠征に一緒に行った時の画像です。私たち夫婦と大西さん夫婦。それで熊本天草の旅館での夕食時、ハッと不思議に思ったことが。この人は仕事なにやってるんだ?


 釣りばかりやってる方ならわかると思いますが、魚釣りに熱中し過ぎて仕事や普段のことなどまったく興味が沸くことが無く、普段の生活を聞くこと自体しないのです。ですので私の場合は、釣りの時は釣りのことしか話しませんし、釣りのこと以外話そうとも思いません。必然と言うか何と言うか。


それで夕食の時、急に興味が沸き聞いてみました。
「大西さん、仕事なにやってるんですか?」


すると大西さんの奥さんが
「ははは!知らないで一緒にずっと釣りしてたの!面白い人ね。」


私は恥ずかしがりながら
「はい、釣りの事しか話してませんでした。」


すると大西さんが答えました。
「たかしくん、私はね○○って会社の会長やってるんや。しらんかー?」


大西のオッサン、有名な大手繊維会社の会長でした。現在は息子さんが社長。私と嫁はただただ
「ええ?スゴーーー!」


 あまりにもビックリして恥ずかしながらこんな気の利かないことしか言えませんでした。ただただビックリしただけでした。そしてこの釣り仲間の真っ黒な大西オッサンが、考え込みうなだれていた私の運命を変えることになるのです。

IMG_0771.JPG部屋から釣りが出来る超オーシャンヴューの部屋に初めて宿泊






2011年10月


 私は当時のお金の結構な割合を日本株に回していてどうしようもない状況。この頃、民主党政権で経済自体が最悪な状況。ホントに最悪でした。当時株をしていた方は私と同様非常に苦しんだのではないでしょうか。この時、日経平均は9000円を割り、8500円も割り、8400円台まで割る始末。私の損失は7000万円まで膨れ上がりどうしようもない状況です。


TKY201103150260.jpg


 この時私は本当に最悪で、機嫌がいつも悪くスタッフも距離を置く始末。家に帰っても全然落ち着かず破産するかもしれない、と怯えてしまいあまり寝ることも出来ませんでした。収入源はネットビジネスとコンサルティング、健康食品販売と飲食店の収入。持ち株のマイナスを必死に補う生活です。


 手取り13万円だった男がネットビジネスで得た収入の大半を株で無くそうとしている。もう終わりだ・・・アメリカにいるマイクにはとてもじゃないけど言えません。なぜならマイクが伝授した数々の金が膨らむ法則に反した投資だったからです。株式自体悪いのではなく、数ある法則のひとつに反していたのです。


 億万長者の法則、金に縁がある人のみが実行している庶民は知ることは勿論、実行すらしていない数々の法則。この法則に反した行動を取っていたのですから当たり前です。今考えれば増えるどころか金が減り続け当たり前。誰も知る由も無い数々の金を増やし続ける法則には、私がこの頃やっていたことを含む要素の行動が存在しなかったのですから。


 自分勝手な判断。また逆戻り。言えるわけがありません。まったく教えられた法則とはかけ離れたやり方だったので完全に自業自得です。そして毎日落ち込む状況が続きました。









2012年1月


 正月、大西夫妻が宮崎から長崎へ旅行へ来ました。当時大西夫妻は地元大阪から宮崎の別荘へ移り住んでいました。旅行の目的は勿論、初釣り目的です。私はいつも世話になっている船長へ電話しチャーター予約。海は平穏で最高の釣り日和。船の周りは他の釣り人の初釣り目的でこの辺一帯はちょっとした船団ができていました。


 釣果は大漁で真鯛やヒラメ、イトヨリにキジハタやアオハタ。クーラーは満タンで豪華な魚ばかり。帰港し私が手配していた旅館へ向かい少しの時間釣り談義。その時私は仕事のことを少し聞きました。「大西さん、仕事順調ですか?」


大西会長は
「ああ、なんかうまいことやってるみたいや。そうや、新しい会社はじめたんや。自然エネルギーのな。」


 私はそのことは聞いてはいたけど仕組みがさっぱり理解できずにいたので詳しく聞いている途中、とんでもない会話になってきました。要約するとその自然エネルギーは金が2倍以上に膨れると。私はいくらなんでもそんなことはない。実際、そんなビジネスモデル始まってもいないしありえるわけがないと。すると


「はあ?知らんのかいな、あーまだ誰も知らんから知らんで当然やな。
 もうスグやで。孫さん頑張ったからもうスグ法案通るわ。」



 私はチンプンカンプン。そもそも孫さんってヤフーの?この意味不明な会話は結構な時間かかりました。そして14時頃から始まった説明は18時。その頃には私は話を聞くのに夢中になっていました。夕食も一緒に同行し話をずっと聞きました。そして家に帰宅するも胸騒ぎが収まらない。


 このビジネスは本当にとんでもない状況になると確信。メンターのマイクから伝授された数々の金を増やす原理にもバッチリ適合している。その日の夜、私は決めました。実行することを決心しました。

8b360fcb.png霊能者いわく孫さんは体全体が常に龍にまとわれてるらしい・・・








2012年4月~2014年8月


 国会で法案が可決。なんとありえないと思っていたビジネスが本当に現実のものとなる法案が通ったのです。この時、私は既に大西さんとほぼ毎日情報交換をしていましたのですんなりこのビジネスに参入することができました。経産省への申請から何からすべて教わり、自分でエネルギー会社ができるほど知識豊富になっていました。


ka5_20110616230023.jpgコイツのおかげ?何とも言いがたい複雑だった記憶が・・・

 まさに利率がとんでもないビジネス。2億入れれば4億以上の利益。10億以上入れれば20億以上の利益。メンターであるマイクはこのことを言っていたと確信できました。伝授された数々の金を雪だるま式に増やす法則はこのことかと確信。私はほぼ全ての金をこのビジネスに入れ、あとは担保にまわし融資を受け実践の繰り返し。



 みるみる私の資産は増えていきます。しかし困ったことに、これ以上このビジネスを拡大させることが私の力では出来なくなりました。もっと拡大したいけどできない。所詮、小さな会社の経営者。レヴァレッジも限界に達する。勝ち負けがはっきりしているこのビジネスを拡大したくても所詮個人の力では限界ができる。


そういったことを大西さんへ相談すると、とんでもない言葉が返ってきました。
「そうかー。なあなあたかしくん、えーとな1億8000万円くらいなら自由に使ってもええよ。
ほとんどやってくれたからお礼や。でも返してな。はっはっはっ!」



 私は大西さんへ感謝しきれないほどです。このおかげでまた更に加速。私の総資産は増えていきこの時点で遂に14億円を突破。毎日何もしないで金が勝手に沸く状態へ。マイク、あなたが言ってたのは本当でした。手取り13万円だったしがない男がこの状態。


 メンターであるマイクから教わった凡人は知る由も無い、お金に縁がある億万長者しか知らない
現実的に有り余る金を呼び込むための誰もが実践できる数々の手法。とんでもない数々の法則。本当に凄い力だと実感した時でした。


 ただし、一つでも反することがあれば逆戻りになりかねない扱いが難しい法則。おかげで私はジェットコースターのように何度も浮き沈み苦しみ続けました。


しかし言えることは一つ。メンターのマイクから教えられた数々の事を忠実に実践し続ければどんな人にも莫大な金は流れ込むことはほぼ確実と言うこと。間違いないと言うことです。川の流れと全く同じ。









2015年現在


 どうも、あらためて永山です。変な文法、駄文が長くなり読むのに目が疲れたでしょう。私も指が疲れ、肩が少し痛いです。これ書き終わったら妻と温泉に行ってきます。雲仙と言う温泉地が近くにあるもので。


 それで今現在もそうですが、2年ほど前から釣り三昧な生活をしています。ここ日本最西端の長崎は四方八方海に囲まれていて、大体どこにいても車で10分以内に海へたどり着きます。釣りしない人にとってはあんまりうらやましくないですかね。私にとっては天国です。そうそう最近橘湾沿いに季節によって住み分けようと思い別荘を買いました。

DivX Player3.jpg

 別荘の裏です。海に徒歩8秒で到着します。海底は砂地でキス釣りは勿論、ヒラメやマゴチ、スズキも釣り放題です。最高でしょ。そうでもないですかね。築浅で2100万円でした。田舎って素敵。それで今現在の私の生活です。


  • 朝早くから釣りに出かけ、
  • 昼頃家に帰宅し、
  • 夕方まで昼寝して、
  • 家族とご飯を食べて、
  • 次の日のつりの準備をして、
  • 10時は寝ています。


 この原始的な生活をほぼ毎日続けています。なぜこのようなことが出来ているのか。もうここまで来たらおわかりでしょう。メンターのマイクから最初に教わった億万長者だけが知り実行している数々の法則をただただ単純に実行したからです。途中、大事な過程で誤ってしまい苦しみ続けましたが軌道修正を図り、結果的に回収し今現在に至ります。









 勿論、全く仕事をしていないわけではありません。ずっとマーケティング研究は続けていますし、TDC(チームディーコンビネーター)というマーケティングチームを作り最新のハイレヴェルなマーケティングスキルを提供しつつ、コンサルティングも同時に行ない続けています。


 最近、ちょうど先月に二期目が終了したところです。しかしなぜ始めたのか?疑問に思うかもしれません。これもメンターマイクの教えです。深い理由から今後もずっと世界のマーケティングを伝え続けていきます。これをやめれば私は終わります。終わるのです。


 マイクからの伝え、これをあなたが知れば自然と納得するでしょう。それを一つだけここであなたに簡単に教えるましょう。知識が増えればそれなりに収入は増え続きます。今就いている仕事、人によって様々でしょうね。色んな仕事をされているでしょう。


 何か専門的な仕事についている人であれば、その道の達人が使っている技や様々な道具、これらを知りたいことでしょう。何かしらを販売しているものであれば、どこよりも安く仕入れ、今よりいい商品を探すスキルをレヴェルアップしたいことでしょう。実際そうすることで結構な金を得る事が出来るのです。


 しかしそういう自己の能力を高める努力をやめてしまえばどうなるか。少し考えてみて下さい。取り残されて終わります。周りは切磋琢磨で自己の能力を高めあいます。そしてあっという間に周りから抜かれ取り残される、という必然です。私は常に最前線を走り続けます。自分自身を磨き続けます。毎月、最新のマーケティングスキルの研究しを提供し続けます。


 あなたはこれから、私が伝える数々の金が膨らみ続ける凡人は知らない法則を実践して金を実際に産み続けることができるでしょう。忠実に実行すれば私のように苦労もすることなくできるでしょう。しかし今従事している仕事で常に自己を高める技量を磨き続けて下さい。これはあなたと私の約束です。













 手取り13万円だった私、途中で守らなかった私が言っても説得力は無いかもわかりません。しかし、金と言うのは非常にシンプルな数々の法則をしっかり理解し、それをしっかり守り実行していけば、いくらでも集め増やし続けることは可能です。


 そしてその金はまた更に新しい金を呼び雪だるま式に増えていくものです。これは空想でもなんでもなく実際に毎日世界中で起こっている現象で物理学的な現象です。精神論でもなんでもなく、実際のお話です。それでこんな言葉を聞いたことあるでしょう。


「金があったら大変だ。」


 この言葉を何かしらの機会で聞いたことがあるでしょう。テレヴィドラマや本なんかのメディアが影響でしょう。映画なんて金をめぐり殺し合いなんて多いですよね。銀行強盗ものだとかまさにそうですね。あとは家の床に金を隠して脱税を試みる映画なんてのもまさにそう。視聴率上がりますからニュースなんかでも取り上げますよね。



 結果、金=悪、と凡人の脳に刷り込まれます。私も以前はよく聞いて、そうなんだと納得し思っていたこともありました。金持ちは全員悪いことをしているんだ!と思っていました。しかし実際に私自身が今現在金を持って思ったことを正直に言いましょう。


 金を持って大変だと思ったことは今まで一度もありません。勿論、金=悪など思うなど到底出来ません。好きな場所に住み、便利なものに囲まれ、食べ物を自由に手に入れ、身なりのいい服を着る。安全で快適な車に乗り、安心できるパートナーと暮らし、趣味を楽しみゆとりのある生活が出来る。安心した生活がずっとできる。


 何一つ大変な目に遭いません。不思議なものです。メディアは勿論、それまでの自分の想像と大きな乖離があるのですから。ネット上を少し見渡して下さい。そう言った誤解が山のように存在しています。例えば、購買のことであってもこんな勘違いがごく当たり前のことだと認識されているのです。



↑ここをクリックして再生して下さい。※音量注意

LinkIconダウンロードしたい方はコチラから右クリックで「対象をファイルに保存」して聴いて下さい。

※音声MP3 32分ほど
※声の質や話すスピードなどの確認も同時にお願いします。尚この音声はサンプルではありませんのでこの商品の一部ではございません。


 今までの固定観念、夢を壊してしまい申し訳ないです。しかし現実逃避はいけません。しかしあなたは今、真実を知りました。これでも金持ちが金遣いが荒いと思いますか。とんでもございません。はっきり言いますが金持ちは倹約の塊です。金持ちは労働所得から得た金は使わず投資から得た金、それもその金から生活費を引いて得た余分な金でモノやサーヴィスを購買しているだけなのです。

kjeh.png個人資産3兆7000億円のザッカーバーグはホンダフィットc468983e.jpg個人資産6兆4360億円のバフェットはスバルアウトバック




 だから金は全然減らずドンドン増え続ける仕組みです。逆に金遣いが荒いのは凡人の方で、金に縁がない方が圧倒的に浪費が多い、と数値的に実証結果が出ているのです。おわかりの通り、私も勿論験済みです。世間で思われているヘンテコな概念に影響されていたからです。コチラの先月のニュース「年収1000万なのに赤字家計・・・」をご覧頂ければわかるかと思います。

c0001636_17235496.jpg家賃4万円で謎の見栄の戦い勃発4RyGpfw.jpg日本でよくみる光景の家賃3万でレクサス


 このような誤解だらけの中、正しい認識が今必要ではないかと考えます。まず誤解を正しく認識してください。そしてようやくスタート地点に立てるのです。









 メンターであるマイクから数々の教えを数年に渡り指導されました。運がよかったとしかいいようがありません。手取り13万で少しネットビジネスで成功し有頂天になり、常に暴走していたどうしようもない状態の私に、こころよく本当の金の増やし方の数々を指導してくれて本当に感謝しています。


 もし私があの時、マイクに聞くことが無ければ、もし私が有頂天のまま暴走を続けていたらを考えると、とても悲惨な状況しか思い浮かびません。いや実際確実にそうなっていたでしょう。ネットによくいる一時的に成金になり、鬱憤をはらすかのように勘違いしていた概念に縛られスグ潰れて自然と消えていく人とまったく同じ道を歩んでいたことでしょう。


 私は今回、はじめて自分のメンターの教えをネット上に公開します。今の今まで頑なに隠し続けた数々の金を増やし続ける知恵の塊を公開します。収録時間は9時間09分に凝縮しました。長いようで短いです。


 なぜならこの数々の金を増やし続ける知恵の指導、今いる金に縁が無い方々が知る由も無い億万長者だけが知っている数々の原則をマスターするのに長い年月必要としました。その時間と苦労を考えれば、9時間09分というのは短いのです。しかしあなたはいい意味で非常に効率的に学習し習得することが出来ます。


 私は途中で何度も転び、起き上がり、そしてまた走り出すも転び、何度も何度も浮き沈みがあり苦労しながら習得しました。結構な期間、ずっと指導を受け続けました。たまに互いに衝突もあり、納得できるまで教えを受けました。そしてようやく落ち着きマスターできたと確信しました。だから今お伝えするのです。


 出来ていない状態ではお伝えすることは出来ませんでした。当たり前です。自分で出来てもないのに伝えれるわけが無かったのです。しかしお伝えするときがようやく来ました。この数々の金を増やし続ける法則を知り約10年。


10年の時を破りこの永久不変の教えの数々をあなたにお伝えします。


 9時間09分、完全版です。メンターであるマイクからの教えをすべて残さず収録しました。一つも欠けておらず教えを全部収録しました。少しの金を大きなお金の軍団にしてしまう為の方法の数々です。どんなに少ない金でも巨大なお金の軍団に変えることができる魔法のようなスキルの数々。


 そして非常に効率よく習得して頂く為に、全てのファイルは大体30分前後にまとめています。人間の集中力は25分前後です。非常に効率よく習得することが可能となります。ファイル数は25。音声形式はMP3です。合計9時間09分。これをすべてあなたにお伝えします。


 そしてこの音声では精神論は話しておらずすべて実質的なテクニカルな手法ばかりです。物理的な手法の数々しか話しておりません。よってよく見る「とにかく頑張りましょう」と勢いで臭いものにふたをするような指導は一切しておりません。すべて現実的で合理的な法則ばかり。誰もが物理的に可能な手法ばかりとなります。


 そして一つ心がけたことがあります。それは誰が聞いてもすんなり理解しやすいようにわかりやすく説明をすること。これに全身全霊をかけて収録しました。専門用語は極力控え、すべてのファイルをわかりやすく端的に深く解説しております。勿論、要所ポイントは繰り返し理解しやすいように例を挙げながら解説しました。


 よって老若男女問わず、様々な人がスグに実践し早く効果が出るようにしております。スグにお金が雪だるま式に増え続けるよう解説しました。子供でも、高齢者であっても全ての方がスグに実践できるよう、スグに効果がでるように9時間09分に収録しております。



 今日があなたの分岐点です。全てのファイルを聞き終わり、今までの自分を振り返れば思うはずです。なんで私は今までこんな事をやっていたのだと。よって、一日も早く今回提供する、凡人は知る由も無いお金を増やし続ける数々の法則をすべて知り、そしてスグに実践して下さい。再度言います。空想でなくすべて現実的に可能なことしか話していません。どうぞご安心されて下さい。

このお申込みフォームはSSLを利用し送信するデータが暗号化されることにより、プライヴァシーに関わる情報を第三者に見られずにやり取りすることができ、データの改ざんも検知することができます。このSSLによって安心してご利用いただくことができます。

商品名:T.Nagayama Millionaire Secrets ~ドン底から金を築き続ける永久不変の珠玉の知識~
ファイル形式 MP3音声
収録時間 9時間09分
税別価格:46000円(税込49700円) 
credit.gif








7つもスペシャルサーヴィス!総額97万円分のボーナスを差し上げます








 2007年1月発売し圧倒的支持を得て今も尚「頼む10万、いや20万円払うから売ってくれ」と懇願され続けている「プロファイリング」に新たに息を吹き込んだ2015年版プロファイリングをプレゼントします。

 この「プロファイリング」は前途でわかるように爆売れした大人気商品。日本発のステップメールマーケティングとしてイノヴェイション的に圧倒的人気を誇った商品です。実体験を基に作った商品ですので勿論再現性が確実なものとして広く愛用され今でも続けています。

 今現在、使用媒体は多く広がり各ソーシャル媒体は勿論のこと無限の可能性を秘めたものとなります。口コミだけで広がり圧倒的な力の差を見せ付けた商品。広告も打たず、アフィリエイト協力もなしに軽く1万ユーザーを超えた大人気商品をリライト的に音声MP3版として2015年現代に収録しました。

 実体験を元に作られた効率がよいネットビジネスの手法というのは根本的な構造はいつまでも変わることは無く自由自在に姿を変え貴重なスキルとして存在していくものです。その貴重すぎる非売品のアラワザが結集した音声。

 この手法のカラクリの数々を詳しくまとめた「2015年版プロファイリング」を今回ボーナスとしてあなたへ差し上げます。もしよかったら受け取って下さい。※このボーナスはPDFではなく音声MP3となります。提供は2015年6月上旬となります。







 当時のネットビジネス実践者はよくこんな事を口にしていました。「アレキを買ってない奴とかいるの?これ持たないでネットビジネスは無理やろ」こんな言葉があちこちに飛び交い議論されるほど定番的人気を博した商品です。瞬間的な申込だけで数千名、累計軽く1万本を超える大人気商品。

 効果が絶大だったためにちょっとした社会現象、インフォ業界が2つに派閥が出来るほどまで至りました。これは当時の方々は理解できるでしょう。この幻的な商品をリライト的に2015年版として音声で収録しました。

 やはり実践を元に作られたこの商品も圧倒的な力を発揮し各ユーザーに莫大な効果をもたらし続けています。そしてこの商品は当時あまり知られていなかったDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の先駆け的な商品でもありました。

 残念なことにこの商品も発売当時から少し経ち類似品が出回りました。今現在でも類似品は数多く存在しますが机上の空論ばかり。しかしどれも、やはり実践を基に作られたこのアレキサンドリアの足元にも及ばず効果が期待できないのは明らかです。

 その伝説的な商品、今では絶対に手に入らない非売品を2015年版としてリライト的に音声で収録しました。
もしよかったらこれも受け取って下さい。※このボーナスはPDFではなく音声MP3となります。提供は2015年6月上旬となります。







 私は情報系で初めてネットライヴ中継をした者でもあります。私のライヴ中継を見て、ライヴァルがこぞってライヴ配信を始めたほど私が実施したネットセミナーは大人気でした「私もライヴセミナー真似します。すみません。」と数え切れないほどの人が挨拶されました。

 そしてその人達は今やこの世界の大先生と言われている方々です。面白い循環ですよね。このセミナーで育ち、今いる有名起業家が活躍していると言う仕組みです。

 勿論、その方々は参加ユーザーと絡みチャットで色んな交流をされておりいろんな時間帯で問題発言勃発という非常事態まで引き起こしました。それらを完全ノーカット版としてあなたへ差し上げます。

 その今や伝説と受け継がれている参加人数が5000名ほどとなったライヴセミナー。
その動画と音声MP3をそのままプレゼントします。







 マキャヴェリズムと同様、ネットセミナーの音声版です。なぜ音声だけなのかを説明すると、初回のマキャヴェリズムの人気が影響し口コミで広がり過ぎて参加人数が7000名と瞬間的に増えてしまいサーヴァーが3度ダウン。

 そして回線が一時的に遮断。もう大混乱となったネットセミナーです。よってライヴ動画を保存することが出来ず音声のみの収録となりました。


 勿論この音声も発売した瞬間に爆発的に売れ続け大人気商品となりました。
もしよろしければこれも受け取って下さい。







 今現在複数のハイレヴェルなマーケティング教材を販売しております。もうほぼ全て、と言っていいほど豊富なジャンルのマーケティング教材を販売しております。その中から一つだけ今回の商品のボーナスとしてプレゼントします。

 選択して連絡下さい。詳しい選択方法はまた後ほどメールにて連絡しますのでご安心下さい。確認できましたら専用のダウンロードリンクを後ほど提供させて頂きます。

 そしてこのボーナスは、選択する商品の価格帯を無制限とさせて頂きます。という事は、5000円の商品であっても50000円の商品であっても価格制限無しで一つだけなら何でもどんな商品でもプレゼントと言うことです。

 商品の選択はのちほど申込者だけに説明します。デジナレサイトで現行販売している商品が対象となります。このボーナス専用のフォームからの請求となりますので是非ご利用下さいませ。







 どんな事があっても相談下さい。私はこれからあなたの執事的役割を担います。あなた専任のアドヴァイザーとなります。期間は半年間で回数は無制限です。

 いいですか。どんなことがあっても、どんなことが障害が立ちはだかったとしても私は今日からあなたの味方です。私はあなたの黒子と化し陰であなたを支え続けます。

 ハイレヴェルな相談は勿論、普段何気なく思っていたことであってもいつでもどんな時でもこの半年間のコンサルティングサーヴィスをご利用下さい。

 私が分からない問題であれば、専任を私の周りからスグ探し対応させて頂きます。もうあなたは1人ではありません。
私どもが完全バックアップいたします。







 私は過去2回TDCというマーケティングチームを形成し月に大体1時間程度の最新スキルの提供を継続定期行なってきました。それと全く同じように月1時間程度、合計6時間オーヴァーの音声を提供させて頂きます。

 提供期間は180日の半年間です。その半年間は、ずっと世界各国の最新マーケティングスキルがもらい放題、と言うことです。勿論、大半が日本に未導入の最新ビジネスモデルのお話や日本に未導入の最新ケースや、実際に効果をもたらした収益モデルの情報等々喉から手が出るほどのコンテンツばかりとなります。

 人生は知識を磨き続ければ必然的に収入が増える仕組みです。その知識を自然と脳に刷り込み必然的に収入をアップしてはどうでしょう。勿論、こういったサーヴィスが出来るのは私くらいではないでしょうか。

 随時世界各国のマーケティングスキルを吸収し続けている私だから出来ることです。もしよろしければ、世界各国の最新マーケティングスキルのシャワーを半年間存分に浴びて下さいませ。提供開始日は2015年6月中旬からとなります。









 最後に、お伝えしたいことがあります。


 これを読んでいるあなたはどのような立場の人間なのかわかりません。そしてどのような経済状況なのかもわかりません。もしかしたら月に100万円ほどの収入がある人かもわかりませんし、月に15~50万円くらいの収入がある人かもわかりません。どっちかと言うと、統計では後者の方が圧倒的に多いでしょう。


 それで私は今までにどちらの収入帯も経験しておりますので大体わかりますが、「金を持って自由になる」とイメージした場合、どういったイメージを抱きますか。大抵の人は例えば10億円いきなり空から降ってきたらとりあえず贅沢を考えます。ベタですが男であればフェラーリやランヴォで年の維持費は大体月に200万~300万。ちょっとしたチャレンジャーならばとんでもない維持費を考えず2億のヴェイロン買うでしょう。


 このようなことを繰り返し購買を続けているとこんな事を考えてきます。少しずつ減るスピードを遅くしようと考えるのです。不安になり残りの金を心配してきます。そしていつしか残りが少なくなっていき、近いうちにゼロになります。こんなことありえないだろ!みたいに考える方は少し考えて欲しいです。宝くじの当選者ほぼ全員がスグに破産していることを。


 今あなたはどのような状況なのかわかりませんが、今の金銭的状況をおもいっきり変えたいのであれば少しの工夫だけで全部ひっくり返るくらい変わります。もしネットビジネスで月に1000万円稼いだとします。私のように毎月全部使い果たすことを真似しますか。いや、そうはしない、とおっしゃる方、継続して毎月1000万円稼ぎ続けますか。おそらく無理でしょう。時流は早いもので状況がスグ変わり収入が激減します。少しずつ金を使ってもいつか底をつき無くなるのです。私はネットビジネス経験がそこそこ長いのでそういう人沢山見てきたのでわかります。何より自分も嫌と言うほど経験しましたから。


 私は今でもメンターであるマイクから数多くの知恵を授かりました。その知恵の数々はネットビジネスにも自分の資産にも自由に活用しお金を産み続ける魔法の法則として生涯大事に従います。今現在の資本主義の世の中では、お金の流れを把握しその流れを自由に操り大きくする、勿論自分の懐の方へ巨大化させるレヴェルのスキルが必要不可欠です。怖い言葉かもわかりませんが、お金は人の人生を左右します。耳が痛いでしょうか。しかし事実です。臭いものにはふたをするように聞き流すことも出来ますが、直視したほうが早く軌道修正ができ有り余る財産を築くことが可能なのです。


 今現在、人によっては見栄という悪しき習慣にどっぷり嵌っているかも知れません。隣の人がアレを買ったんだから私達はアレよりもっと高価なモノを絶対に買う。友達がフェイスブックに旅行の写真アップしたから、オレはもっと遠くに旅行に行って写真をアップする。アイツがアレをあれしたから・・・もっと仕事を頑張って稼いで浪費するぞ。


 もういいじゃないですか。そんなことをずっと繰り返し人生を棒に振るのですか。殆どの人は収入と比例し浪費も一緒に多くなり全然金が残っていません。毎月夫婦で年収1000万円で家計が赤字なんてザラです。こないだ1500万円でも家計が赤字とかニュース番組で取り上げられていました。



 仕事でもお金にも縁が無い人は決まって近い将来遠い将来よりも、今の鬱憤をはらすかのごとく生活します。一刹那の為に、その時の快感を求めます。その結果が今ではないかと考えています。勿論、財産なんて築こうとも思わず、「無理だ。そもそもどこかしらの金持ちの後継者だけの話だ。」と強引にねじ伏せます。世界の億万長者の9割以上、ほとんどが一代で巨万の富を築き上げた現実なんて聞き入れません。今までと同じサイクルの生活を繰り返し時だけが過ぎるのを待っているのみです。


 しかし、今考え方を完全に切り替え、将来から逆算し、今日からすべき行動の知恵に従いそれを仕事でもお金の用途であっても習慣化することができれば、必然的にお金がドンドン膨らみ凡人の域から脱出することが比較的短期間で可能なのです。


 業種、老若男女問わず是非1人でも多くの人にこの真実の実体験が凝縮された数々の金を増やし続ける法則、凡人は生涯知る由も無い荒業的な様々な知恵をすべて知って頂き、それぞれの人生で十分に活かされることを願います。


そして有り余るお金を呼び込むことができ、何不自由ない生活を送れることが出来れば、今度はあなたが一般の方へお伝えして下さい。この永久不変のお金を呼び込む数々の原則が決して途切れることが無いように。


私は今、あなたへこの金を築き続ける永久不変の珠玉の知識すべてをありのままお伝えします。


永山 崇




このお申込みフォームはSSLを利用し送信するデータが暗号化されることにより、プライヴァシーに関わる情報を第三者に見られずにやり取りすることができ、データの改ざんも検知することができます。このSSLによって安心してご利用いただくことができます。





商品名:T.Nagayama Millionaire Secrets ~ドン底から金を築き続ける永久不変の珠玉の知識~
ファイル形式 MP3音声
収録時間 9時間09分
税別価格:46000円(税込49700円) 
credit.gif




追伸:1


 私は「あきらめるな」と発言する資格は持っていません。冒頭でも書いたとおりスタート地点でどっかになくしてしまいました。よって説得力が無いのはわかっています。ただ、人間はある程度の事はなんでもできると私は思っています。窮地に立たされた時に予想外の本当の力を発揮すると思っています。

 せっかくこの世に生まれたのですから、手取り13万の底辺だった私よりいけるんじゃないかなと思いますので試しに的な感じで金持ちになってみましょう。軽いなーと思われるかも知れませんが本当にシンプルで数々の知恵を知り実行するだけです。実に単純明快。ですからスタートはゆっくりでいいと思います。それで走り始めたら止まらない、みたいな感じであなたオリジナルの進め方で資産を巨大に築き上げるのもいいと考えています。

というより、私がそうだったような。11年も掛かってしまいましたし。かかりすぎだろうか。




追伸:2


 各種ボーナスサーヴィスの容量が凄いことになっています。ダウンロードに結構時間が掛かることを予めご了承下さいませ。





追伸:3


 手取り13万円だった時の私と結婚した変な妻と温泉に行ってきます。それでは9時間09分の音声であなたとお会いできればと願っております。






TDCH16.jpgTDCH16.jpg

お申込みはコチラからになります。必ずお申込み価格及び特定商取引法&プライヴァシーポリシーを確認した後にお申込みされて下さい。

help2.jpghelp2.jpg

何かご不明な点がございましたらお気軽にお申し付け下さい。平日の2日以内にいつも笑顔で対応させて頂きます。

1097976_10201510563793442_640405028_n.jpg1097976_10201510563793442_640405028_n.jpg

個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化しております。必ず目を通されて下さい。

black-and-white-7-Wallpaper.jpgblack-and-white-7-Wallpaper.jpg

購入者が安心してインターネット上で商品を購入できるように、 販売者に義務付けられている表示を記載し明文化しております。必ず目を通されて下さい。

wt3_top.gifトップへ